Dive and Photo

鳥、戦闘機、水中の写真をメインに、気に入った写真が撮れたらUPしたいと思います。

<ZRX1200 DAEG>オヤジライダー覚醒!

 眠りについたのは、かれこれ30年前。もう、持つことは無いと思っていたオートバイ。
でも、買ってしまいました!KAWASAKIのZRX1200 DAEG です。
とうとうオヤジライダーが目を覚ましてしまいました。。。

 そう、私は20代の頃、二俣川で中型免許までは取ってYAMAHAのRZ350に乗っていました。
大学生だったので夏休みは前半バイト、後半は3週間ほどのツーリングで北海道や鹿児島にも行ったり、普段は箱根を走ったりしていました~。
 同じ頃オートバイのトライアル競技も始めてしまい、そちらも次第にエスカレート。
トライアルではHRCの競技車を買って関東選手権を転戦していました。バイトの身で競技をするとメンテナンスやパーツ代、タイヤ代、転戦費用が嵩み、RZ350の車検を通す金が工面できなくなり、大学4年の時、遂にRZ350を売ってしまいました(寂しかったけど)。就職後3年程はトライアル競技に没頭しましたが、ある時、練習でマシンを壊してしまい、出たかった大会に出られず、マシンを直すには大金が掛る事からそこで競技は終了!といった感じです。
 その後はマシンを運んでいた車も売って普通の乗用車を買いました。そしてダイビングに転向。
それ以来自分のオートバイは持たず、たまに「乗りたい~!」とは思いましたが我慢、オートバイの事は考えないと決めてました。それから30年、ここ2年くらいの内に2~3回、近所の幼馴染のオートバイを借りて走ったことは有りました。やっぱり楽しい!・・・。でも買わない・・・。
ところが、今回は突然来ました。「そうだ、大型二輪の免許だけとろう」。買うつもりは有りませんでした。が、ダメですね。ネットでオートバイを見る内に、気づいたら買う気になっている自分が。。。

 10月29日に最初の教習開始(二俣だと休みが取れないので教習所にしました)。
11月17日に卒検、そして今日(11月19日)、卒業証明書を持って二俣川試験場で免許の書き換えを終え、晴れて大型二輪免許取得!
その足で港北のバイク屋さんへ行き、DAEG納車!(え、購入済みだったんだ・・・)
無事に乗って帰って来ました。ん~やっぱり楽しい!(^-^)
一旦帰宅して落ち着き、改めて長者ヶ崎方面へちょいと乗りに行って来た次第です。
今後はBIKEの記事も出ると思います。(そんなに趣味増やしてどうすんだ?っつーの)
191119_My DAEG14s
   ↑ My DAEGがついに来た!
20191119_160546s
   ↑ 秋谷漁港にて
191119_My DAEG39s
   ↑ ファイナルエディションも良いのが有ったんですが、、どーしてもこの色が欲しくて。。
    車体は2010年製ですが、ワイバンのチタンフルエキやオーリンズリヤサスが入っています。
191119_My DAEG07s
   ↑ カッコイイな~、My DAEG(完全に自己満)。
20191119_160641s

191119_My DAEG28s
   ↑ 覚醒した、始末に負えないオヤジ。
    自己満記事に最後までお付き合いありがとうございました。

<ヤマガラ他>庭の野鳥編

また更新が一ケ月ほど空いてしまいました。
このところ大きな台風が相次ぎ、先日の19号では広範囲に及び猛威を振るいました。
写真のお仲間でも連絡が取れていない方がおり心配しています。大事に至っていなければ良いのですが。
私の方は、、、幸い被害も無く、明日は休んで海に行こうと思いましたが、海に流れ出た土砂で透明度が悪そうなのと仕事が若干忙しい事から出勤することにしました。
ブログ更新が滞っていたので、たまには練習、、、庭の野鳥で茶を濁します。。。
庭のコムラサキの実もすっかり落ちてしまい、今シーズンはジョウビタキは来ないかな?
メジロは少なくなった実を突いていました。最近、横着ばかりで野山を歩き回っていません!
191020_シジュウカラ03s
   ↑シジュウカラ 常連さんですが、なかなか打ち解けてくれません。
191020_メジロ01s
   ↑メジロ 一応、フレンドリーでコムラサキの実狙い。葉が落ちる前に実が無くなりそう・・。
191020_ヤマガラ08s
   ↑一番フレンドリーなヤマガラ。今日も良い湯?
191020_ヤマガラ10s
   ↑ 恒例の大撮り。背景が壁なのでスタジオ写真ですね、これじゃ。
191020_ヤマガラ29s
   ↑水浴びの後は枝で羽繕い。完全にリラックスモード。先ずは右、
191020_ヤマガラ30s
   ↑次は左・・・。

<ニシキフウライウオ>大瀬崎ワイドマクロ

 また3連休に入りました。この連休は台風17号の影響で雨と予想されていましたが、先週撮ったニシキフウライウオをフィッシュアイで撮りたく気になっていたので急遽撮りに行く事にしました。
結果、大瀬崎は明るい曇りで時々薄日の差す、まずまずの天候でした。が、外海はやはり台風のうねりが入り始め、時折大きめの波が寄せる状態。特に朝一番の1本目では波が大きく、5分ほど波打ち際で様子を見た後、「行けそう」と判断。そしてちょうど上がって来たダイバーに様子を聞くと、沖は結構な流れだとか・・・。ま、今日は外海を潜るダイバーは非常に少なかったですな~。

本来ニシキフウライウオの場所に一番近い入り口は波が大きく、上がるのが厳しいので手前の入り口からエントリー。その場合、流れに逆らうことになるのでポイントに着いた頃にはゼーゼー、ハーハー。
2本目は作戦を変えてエントリー後、浅場で上流へ回り、その後流れに乗ってポイントへ向かう作戦。
すると、今度は深場の流れが逆になってる!結局流れに逆らってポイントへ・・・。
3本目、どうするか・・・。2本目のコースで行こうとしたら、また流れが逆(1本目と同じ)。
透明度も悪くなってる。とまあ、今日は大変複雑な海中でした。(疲れた。。。)

 で、フウライウオは、1本目:見られず、2本目:メスのみ発見、3本目:オスのみ発見。
遠くへは行かないけど結構な範囲で動き回るので都度探さなければならず手を焼かせます。
こんな海況の中を苦労して潜ったけど一応両方とも撮れたので行った甲斐は有った。という事で。
(D810+ATX107+D2000x2)
190921_D81ニシキフウライウオ♀26s
   ↑ 2本目の♀。探したよ~! 2本目は透明度も比較的良く、明るい海中。
190921_D81ニシキフウライウオ♀36s

190921_D81ニシキフウライウオ♂24s
   ↑ 3本目の♂。いなくなったのかと心配したけど会えました。
    3本目は透明度が悪く、背景がどんより。
190921_D81ニシキフウライウオ♂38s
   ↑ もう少しの間、居てくれると良いのですが。

<ニシキフウライウオ>動画

 昨日UPしたニシキフウライウオの動画です。
動画はまだまだ慣れないので撮影も編集も全然満足出来ませんが、色々試しながら練習しようと思います。昨日の記事で書き忘れましたが雌は抱卵中です。この動画では分かりませんが、昨日の写真をよく見るとお腹の辺りが膨らんでいて小さな丸い卵が見えます。
この動画は2本目の時なのでペアではなく雌だけです。


<ニシキフウライウオペア>大瀬崎

 昨日(9/14)は大瀬崎に潜りに行きました。当初海洋公園を目指したものの、北東の風が強く潜水注意。前回撮ったニシキフウライウオをもう一度撮ろうと、レンズは60mmマクロをセットして行ったのですが、少々荒れ模様だし天気も怪しくなって来たので思い切って西側の大瀬崎へ。(富戸はクローズ)
北東風の時は大瀬崎の透明度も上がるので期待。
大瀬に到着すると波は全く無く、外海も穏やかでよく晴れ、コンディションは最高でした。
早速門下へエントリー。いつもの様にここでは魚の情報が無く適当にポイントを選んだのですが、それが大当たりとなりました。透明度は最高に良く20mオーバー。目的の場所へ着くと先にいたダイバーが「ここ、ここ」と教えてくれました。なんと、ニシキフウライウオのペアが!
海洋公園で諦めたのが、まさかここで見られるとは!ラッキーとしか言いようが有りません。
教えて下さった方には感謝です。(D810+60mmマクロ+S2000x2)
190914_ニシキフウライウオ09s
          ↑前回IOPで見たものより少し白っぽいペア
190914_ニシキフウライウオ17s
          ↑手前(右)の小さい方が♂、奥の大きい方は♀
190914_ニシキフウライウオ49s
   ↑透明度が良いので水もブルーで綺麗でした~。
190914_ニシキフウライウオ27s
          ↑ 2本目も同じ場所へ。沢山のダイバーが見に行くので
           2本目は雄と雌が離れていました。こちらは♂
190914_ニシキフウライウオ68s
          ↑2mほど離れた場所に♀
190914_ニシキフウライウオ51s
          ↑ ♀の大撮り
           2本目は私の後にもダイバーが少し上で待っていたので手早く撮って譲りま 
          した。が、彼らも探していたので私も「ここ!」と教えてあげました(笑)。        
190914_アカハタクリーニング01s
   ↑ おまけ アカハタがクリーニングを待っています。
    左のイソギンチャクの上部にアカホシカクレエビが居て、乗ってくるのを待っているところ。
    初めはクリーニング中だったのですが、私が近付いたからエビがイソギンチャクに戻って
    しまいました。この後もアカハタには乗らず、アカタハも「も~」と不機嫌そうに立ち去りま
    した。「ごめん!アカハタ君」
   

<ニシキフウライウオ他>IOP

ちょっと時間が経ってしまいましたが先週の続きです。
2日目の伊豆海洋公園も波、風とも穏やかで、日差しは強いながらも秋風の吹く気持の良いダイビング日和でした。
何時もはここに行くことが多いですが、今シーズンは珍しくまだ2回目の海洋公園。
ニシキフウライウオが出ているというので行ってみました。これを見るのは随分と久しぶりです。が、
不思議なことにニシキフウライウオが出る場所も大体決まっていて、毎回違う個体なのに出現する場所は同じ所が多いので、好みの場所はかなり限定される様です。ま、探す方としては楽ですけど。

それと、この夏誕生した稚魚が大きくなり始め、目に付く季節でもあります。至る所に幼魚がいて、動きが幼くて可愛いですね。また南方系の魚もかなり多くなりました。この日はチョウチョウウオ類が目に付きました。こういうものを撮り集めても楽しいかも知れません。
今日はこの後台風15号が直撃する予定です。19時過ぎの現在、まだ風も無く前兆は感じられません。この後どうなるのでしょうか。大きな被害が無ければ良いですね。
しかし、この台風もまた、南方系の生物を運んで来てくれます。来週のダイビングが楽しみでもあります。(D810+105mmマクロ+S2000x2)
190901_ニシキフウライウオ21s
   ↑ニシキフウライウオ 久しぶりです。白系や黒系もいますが、この色が一番綺麗かな~。
190901_ニシキフウライウオ05s
          ↑ 次回はペアになっているかも??
190901_オオモンカエルアンコウyg04s
          ↑オオモンカエルアンコウyg 既に普通のカエルアンコウより
           大きいですがまだ子供。成長が楽しみです。
190901_シマウミスズメyg06s
   ↑ シマウミスズメyg 私の好きな被写体。成魚は可愛くないですがygは見ていて楽しい。
190901_ゴマチョウチョウウオyg01s
   ↑ゴマチョウチョウウオ たまにはチョウチョウウオを撮ってみました。ピンボケですが。
    ygは色も綺麗だし、最近は、ちょっと集めてみようかな~と思っています。
    

<夜の海>富戸ナイトDiving

 前回の続きです。昼間2本潜り、その後は長い休憩をはさみ午後6:45にナイトダイビングを開始しました。日が短くなったので海の中は完全に夜です。
先ずは砂地を散策。最初に目に留まったのはクルマエビ科アカエビ属の一種と思われる小さなエビ。
クルマエビは15cmほどありますが、このエビは2~3cmほど。これが至る所で歩き回っています。
撮ってよく見ると意外と綺麗。水中ではもう少し地味かと思いましたが。
 次は何か虫の様なものが砂地を走り廻っているので、よく見ると丸い小さなカニでした。甲幅1cm位で図鑑でも名前が判りませんでした。沢山いたので比較的多いカニの幼生?と思いましたが写真をよく見ると抱卵中。満月だったら放卵が見られたかも!?
 その他にも岩場ではサラサエビでさえ昼間とは色が反転していて非常に綺麗だし、キンセンイシモチなども独特の青色が出ていたり、特に昼間は砂の中や岩の影に潜んでいる甲殻類がドンと岩の上に居たり歩き回っていたり、エビ好きの私にはたまりません。夜の海は見ていて飽きませんね~。
昼間と同じ様なコース取りでしたが、色々と探しながらゆっくり回ったので1時間ほど、たっぷり潜りました。いつもナイトの時はこうなります。。。富戸のナイト、楽しませて頂きました!
190831_アカエビ属の一種05s
   ↑ アカエビの仲間?? 小さいですが綺麗なエビです。
190831_カニ(不明)02s
   ↑ 砂地を走り回っていた小さなカニ。黄色い卵がを抱いています。
190831_カニ(不明)05s
   ↑ 左から見たところ(変わらないか。。)
190831_ヒメセミエビ03s
          ↑ ナイトの定番、ヒメセミエビ
190831_サラサエビ(夜)09s
   ↑ どこにでもいるサラサエビ。どちらかと言うと昼間は赤メイン、が、夜の色は逆。
190831_キンセンイシモチ(夜)02s
   ↑ キンセンイシモチ(就寝中)。でも色は昼間より奇麗 !
記事検索
プロフィール

YamaTheKin

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ