Dive and Photo

鳥、戦闘機、水中の写真をメインに、気に入った写真が撮れたらUPしたいと思います。

<DAEG>風早峠(久しぶりの快晴)

 今日は素晴らしい天気の中、久し振りに西伊豆スカイラインを走りに風早峠へ行って来ました。
出発後、海岸線を走っている時は南の海上に薄く雲が広がっていましたが箱根の上に着く頃は雲一つなく一面青空が広がりました。山の上は涼しく革の上下でも快適です。本当に久しぶりにこんな天気の中を走ったな~。ただ走っているだけで自然と笑みが湧き出ます。
 そして今日の狙いはもう一つ。先週取り付けたバックステップを試そうと、今日のルートはワインディング三昧です。箱根旧道⇒熱海峠⇒韮山⇒西浦経由西伊豆スカイライン。帰路はそのまま折り返し、国道1号で箱根クライム⇒金太郎ラインと、タイトから高速コーナーまで満喫しました。
 使い心地は・・・、ステップは固定式(≠可倒)を選んだので剛性が高く踏張りが効きコーナーリングが安定した事と、ブレーキのタッチが良く微妙な加減が非常に楽でした。また、位置を高くした事で体の動きに自由度が出ましたね。一言で言うと「足元がしっかりした」といった印象です。後続の友人からは「姿勢がヤル気になっている」と笑われましたが。
いや~、これほど変わるとは思いませんでした。以前からステップ位置は少し変えていましたが、位置だけでなく、剛性感やタッチが別次元です。もっと早く変えれば良かったなぁ。。。
ワインディングを気持ちよく走りたい人には絶対お勧めです。
ただ、ブレーキペダルから足を外す際に微妙に引っかかり、コーナー進入時に意図せず踏んでしまう事が時々有りました。これは自分のクセの部類ですが、もう少し調整するか慣れるかしてみます。
という事で、走ってばかりいたので今日は写真が少なめです。
210920_風早峠01s
   ↑いつも休憩する西浦にて
210920_風早峠07s
   ↑快晴の風早峠
210920_風早峠08s
   ↑今日も300kmくらい。よく走りました!



<DAEG>フェイズ バックステップ

 久しぶりに天気の良い週末となりましたが、今日は出かけずバイクにバックステップを取付けました。昨年1月にノーマルステップのまま位置だけ移動させてバックステップ化していましたが、ノーマルステップのゴムが時々滑る。また、位置ももう少し高くしたいと思っていたので以前からバックステップ購入を考えていました。が、結構高い。
で、ネットを見ていたら「フェイズ」というブランドのバックステップを見つけました。
あまり聞かないブランドですが中国製ではありません。どうやら某大手有名ブランドの製造元が自社ブランドとして独自の設計で販売している様です。ネット上の評判も良く質問にも迅速回答で信頼でき、交換部品も全品対応で安心。という事で購入!しかも、有名ブランド品は45,000~75,000円もしますが、これは37,500円で購入しました(勿論新品)。
ヤフオクでしか手に入らないので、タイミングを逸すると暫く待つことになります。なので即決落札!
実物は加工精度も高く、アルミより高強度のジュラルミン削り出し+表面はアルマイト加工で非常に美しい。ステップ位置も広範囲の6ポジションから選択可能でした。
今までの位置はノーマル比でBack/UP=40/30でしたが、今回のステップでは60/60を選択しました。
ブランドに拘らず内容で選ぶなら、この品質でこの価格、この会社のポリシーなど最高です。
フェイズバックステップ1
   ↑加工精度は非常に高く美しい。(特徴の似た有名ブランドがいくつかあります。。)
210911_フェイズバックステップ02s
   ↑装着後(右) Back/UP=60/60と、ノーマルから一番離れた位置ですが、心配していた
    ブレーキホースも変更せずとも問題なし(余裕は無いが)。ブレーキランプスイッチも
    問題なく取付可能。
    ペダルは本来、下向きの湾曲ですが、誤操作を嫌って上向き湾曲で取り付けました。
200126_バックステップ化05★s
   ↑今まで使用していた、ノーマルステップ位置変更時の状態。
210911_フェイズバックステップ10s
   ↑装着後(左)シフトロッドまで削り出し。見た目もシャープになりました。
    シフトペダルもナイフエッジ加工でカッコ良い。
    ノーマルステップが低かったので、ここまで上げても窮屈さは感じません。
200126_バックステップ化09★s
   ↑ノーマルステップ時。今思うと随分低い。それにゴムは滑るし、減るし。。。
フェイズバックステップ説明1

フェイズバックステップ説明2
   ↑適合車種にDAEGは書かれていませんが問題なく使用可能。
明日はワインディングでの使い心地を見に、富士方面かな??

<DAEG>真鶴半島

 今年の夏は本当に雨が多く、全然乗れませんね。
手の調子は大分良くなりクラッチを操作するには問題なくなってきたので、やっと乗る気が戻りました。という事で今日も雨予想でしたが、わずかな雨の合間に近場の真鶴半島へ行って来ました。
真鶴半島は高校生の頃、原付で行って以来・・・40年ぶり!なので初めての様なものです。
今日はドン曇りで気温も低く汗もかかずに快適に走れました~。
サクッと到着して半島先端を廻りますが、原生林の多さに驚きました!小さな半島ですが道路の際まで巨木や鬱蒼と茂る暖帯の原生林で、おまけに路面が濡れていたので沖縄の林道かと思うほど。良い感じです。
そうこうしていると日が差し始め部分的に青空も出て来ました。ついてます!
海岸にある昔の採石所跡を見たかったのですが、土砂崩れで行けませんでした。
真鶴は安山岩の産地で、昔は江戸へ運び墓石や石垣に使われていた様ですね。
伊豆には頻繁に行っている割に近場の真鶴の事は全然知らず、恥ずかしながら発見が有りました!
210905_真鶴半島01s
   ↑先端の三ツ石に降りる途中のカフェ。雰囲気が良いので寄ろうと思ったら閉店中!
210905_真鶴半島03s
   ↑結局、三ツ石には降りず。
210905_真鶴半島07s
   先端の周回道路 この辺の鬱蒼とした感じが非常に良い。
210905_真鶴半島09s
   ↑一通入口に、原生林に埋もれそうな神社。雰囲気有りますね~。
210905_真鶴半島12s
   ↑ここは海沿いの貴船神社。京都とは関係ないとか。

<DAEG in 吊り橋>

早いもので、もうお盆ですね。コロナ感染が止まりません!本来なら当然自粛すべきですが、ここ1か月半はずっと外出を自粛していた(負傷で出かけられなかった・・)ので、約1ヶ月半ぶりに、やっと、オートバイに乗りました!(意味が違うか、、)とは言っても負傷の中指はまだ痛むので、クラッチを握る際は人差し指と薬指です。これはやってみると分かりますが非常に乗りにくい。力は入らないし、微妙な操作もしにくく、また疲れます。それでも乗る。という事で、いつもの友人と近場の丹沢方面へ出かけました。負傷前から渡りたかった吊り橋を渡りに。
ここは道路から見えにくいのであまり知られていないと思いますが、長閑で周囲の茶畑も美しく、私の中では非常にお気に入りの場所です。渡っていると川面を通る風が涼しくて心地良い。
210811_吊橋DAEG001s
   ↑渓流の音と蝉の声。夏です。
210811_吊橋DAEG011s
   ↑バイク1台がやっと通れる小さな吊り橋。
210811_吊橋DAEG018s
   ↑背景の茶畑も美しい。
210811_吊橋DAEG086s
   ↑渡る途中、涼しげな渓流に目が行きます。
210811_吊橋DAEG101s

210811_吊橋MIW021s
   ↑友人のハーレー
210811_吊橋MIW062s

210811_吊橋DAEG200s
   ↑楽しませて貰いました。秋にも期待。

<Zippo>オリジナル作成

今日から25日まで連休にしました(19,20は休暇)。。が、例の左手の負傷状況はあまり変わらず、依然バイクにも乗れません。梅雨が明けて天気は最高なのに!
やる事が無いのでインターネットを色々見ていると、オリジナルジッポーのサイトに行きつきました。
はい、私は未だ喫煙者です。
作例を見ると、「ほぉー、最近のオリジナルジッポーは精度が素晴らしい。」
オリジナルジッポー製作会社は昔からありましたが複雑なデザインには対応していませんでした。
今は写真も彫刻出来るんですね。プリントも出来ますが使用と共に剝げるので彫刻が良さそうです。で、サイト内に「今すぐデザインする」というコーナーが有ったので、適当に自分の写真やロゴを入れて試してみました。
すると、「なかなか良い!」と気に入ってしまい、そのまま「注文!」でお買い上げとなりました。
ま、デザインセンスは有りませんので完全な自己満足です。
この会社の良いところは自分のデザインがそのまま形になるので出来上がりイメージが変わらない、そして早い。デザインを失敗するとそのまま反映されますが。。
発注後48時間以内に到着とのことから、先ほど届きました。
210717_DAEGジッポー15s
   ↑富士山バックの写真を入れてみました。
210717_DAEGジッポー10s
   ↑ 裏面にはDAEGロゴとナンバープレート、納車日、名前など。
    ライターの地はサファイアというブルーメタリックですが見る角度で濃淡が随分変わります。
210717_DAEGジッポー18s
   ↑お店の人が気を聞かせてくれたのか??Zippoも2019年式。

<負傷>・・・。

更新が滞っていますが、、負傷しました。
いいえ、バイクではありません。
先週の火曜日(6/29)は在宅勤務で午後4時に終業しました。で、5時頃庭に出ると植木に虫が居たので指で弾こうと、通称「デコピン」の構えでグッと力を籠めた瞬間、「イテッ!」中指の付け根の関節に激痛が走りました。見ると、中指のケンが関節上から薬指側へズレています!指も動きません。そして虫はそのまま何処かへ去りました。。

その指の状態にのけ反りながら、何とか右手で指とズレたケンを元の位置に戻すも、その後ゆっくり手を握るとまたケンがズルっとずれます。
幸い在宅だったので直ぐに近所の接骨院へGo。・・・「ケン脱臼」で暫く固定が必要だとか。。。
帰宅後も少し力を入れると痛むので今はおとなしくしています。
暫くバイクに乗れそうも有りません(梅雨時期で良かった)。痛みのある内はダイビングも無理だな~、シーズンなんですが。
という訳で、「虫を虐めるのは止めましょう。」暫く更新ネタも無さそうです。トホホ。
210704_負傷s
    ↑ お粗末な話でした。


<DAEG>秩父ツーリング

 1年半ほど前に筑波に住む大学時代の友人がバイクを買い、ツーリングを企画するもコロナ禍となり行けずにいましたが、一昨日その友人から「そろそろ行くか」と連絡を受け、では今週末に。という事で急遽行く事にしました。筑波と鎌倉の中間辺りの入間で合流し、目的地は秩父方面に決定。
朝5時半出発で7時に合流したのに、久し振りの再会で話に花が咲き、走り始めたのは7:45分。
 最初の目的地は彼の一押し「三峰神社」。飯能⇒国道299で秩父⇒国道140で秩父湖へ。関東屈指の古社で筑波湖から山を更に500mほど登った頂上付近にある神社で、神社の創始者と言われる日本武尊の像も有りました。また東照宮の様な煌びやかな彫刻も素晴らしく参拝に長蛇の列が出来るのも頷けます。
その後は通称「バイク神社」と言われる小鹿神社。最後は長瀞の岩畳を見て帰路につきました。
久しぶりのプチ遠征と観光の完全なツーリング。旧友との話は尽きませんが、また次回のお楽しみです。(大量に貼ります)
210612_秩父ツーリング山山06s
   ↑三峰神社の山門 立派でした。狛犬ではなく、ここでは狼が鎮座しています。
210612_秩父ツーリング山山09s
   ↑本殿の彫刻 東照宮を思わせる非常に美しい彫刻が東西南北に。
210612_秩父ツーリング山山21s
   ↑秩父湖(ダム)にかかる吊り橋。残念ながら渡れませんでしたが、雰囲気が良いので
    しばし撮影タイム。
210612_秩父ツーリング山山26s
   ↑友人のトライアンフ ストリートツイン イギリスの伝統を感じる美しいバイク。
210612_秩父ツーリング山山25s
   ↑そしていつものDAEG
210612_秩父ツーリング山山27s
   ↑この、オートバイらしいシルエットとバーチカルツインエンジンがたまりません!
    ノーマルですが、結構良い音でした。
210612_秩父ツーリング山山38s
   ↑バイク神社(小鹿神社)。。。ナンチャッテに見えますが、、バイクを歓迎してくれる
    ありがたい神社です。
210612_秩父ツーリング山山39s
   ↑長瀞の岩畳。人は多いですが綺麗な淵の岩肌で良い場所です。
    秩父って良いところが多いんだな~。
210612_秩父ツーリング山山47s
   ↑最後にトライアンフの魅せるエンジン。
   今回は自分のバイクの写真が少ない事に気付きました。。。
記事検索
プロフィール

YamaTheKin

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ