Dive and Photo

鳥、戦闘機、水中の写真をメインに、気に入った写真が撮れたらUPしたいと思います。

<クビアカハゼ>IOP続き

最近、1週間が本当に速く、気づくと、もう金曜日になっています。
この週末は特に写真を撮らないので新しいネタは無いと思いますが、今日のうちに先週の伊豆海洋公園の続きを貼っておきます。
因みに、明日は会社のレクリェーションとやらで、千葉に潮干狩りに行ってきます。
そんな所に行くなら鳥撮りに行きたい!のですが、、、、ま、仕方なし。
来週はまた海だし。。。(ん?海に行かなければ鳥撮りに行ける???)
170618-1D81_イガグリウミウシ01s
    ↑ イガグリウミウシ 透き通る様な黄色が綺麗。
170618-2D81_クビアカハゼ38s
    ↑ 少し前から居着いているクビアカハゼ。私はこの手が大好きで、今回初めて撮りました。
     聞くところによると、機嫌が悪い日は全然穴から出て来ないとの事。
     でも今回は出っぱなしの大サービス。同居のファインストライプトシュリンプがまた
     綺麗なんですよね! 
170618-2D81_クビアカハゼ52s
    ↑ 南国出身どうし、どうやってこの遠い地でめぐり逢うのか、いつも不思議です。
170618-2D81_ワレカラ02s
    ↑ おまけ1 子持ちワレカラ 親と同じ形の子がお腹にギッシリ、、、、汗。
170618-1D81_オルトマンワラエビ03s
    ↑ おまけ2 マクロのテストでよく協力してもらうオルトマンワラエビ。
      この105mmマクロレンズ、サービスセンターで調整して頂いてからは、
     ほぼ目にピントが来る様になりました。

<オレンジ+白>伊豆海洋公園

また更新が滞ってしまいました。
パラオの写真はまだ有りますが、キリがないので前回で終了とし、先週末のIOPの写真をUPします。
IOPでは毎年大晦日にナイトダイビングが出来るのですが、大晦日の夜は流石に寒い!で、一度も行った事がありませんでした。それでもIOPで夜潜ってみたいとずっと思っていたら、今年は夏場としては初めてナイトとサンセットが開催されるそうです。
ナイトは7/16(日)と8/12(土)、サンセットは6/17(土)と7/1(土)。
という事で、先週土曜日(6/17)にサンセットを兼ねて潜りに行きました。
夕方はヤマドリの産卵を期待したのですが、肝心のヤマドリが居なく・・・、結果的には普通の夕方と言ったところでした。それは次回に期待して、オレンジ色+白の写真を少々。
パラオでは60mmマクロを多用しましたが、せっかく買ったので105mmを使い始めました。
ピントがかなりシビアで、ストロボ撮影最高のSS1/250でも結構な確率でブレますね~。
ま、慣れの問題でしょう。。。(D810+105mmマクロ+S2000×2灯)
170617-D81_オオウミウマ03s
    ↑ 亀岩の北側に暫く居着いているオオウミウマ お腹が大きい。
     しかし最近になり、「実はハナタツだった?」疑惑が持ち上がっているらしい。。
170617-D81_カエルアンコウ01s
    ↑ イロカエルアンコウygと思われる。まだ2cmくらいで、動きが子供ぽくて凄く可愛い!
      「ん?」とこちらを横目でみつつ・・・。
170617-D81_カエルアンコウ02s
    ↑ こちらに興味があるのか、横目のまま向きを変え始めました。
170617-D81_カエルアンコウ03s
    ↑ 若いので体が綺麗です。
170617-D81_カエルアンコウ17s
   ↑ 暫く見ているとエスカ(ちょうちんの部分)をヒラヒラと動かし、獲物を誘い始めました。
170617-D81_カエルアンコウ20s
    ↑ 視線の先にはワレカラがいますね~、でも捕食ならず。顔は真剣です。
170617-D81_カエルアンコウ27s
           ↑ 疲れたのか、ホッと一息
170617-D81_ガゼボウミウシ06s
    ↑ 「白」はジボガウミウシの交尾。久しぶりに見ました。

<PALAU-7>野鳥編(その3)

今日は少しだけ早く帰宅したので続編を貼りたいと思います。え?しつこくパラオ続編です。
何せ、ネタが他に無いのでもう少しだけ続く予定です。
しかし、今日はちょっと良いネタでかと・・・。
パラオでの生活では、野鳥はダイビング前のわずかな時間のみでした。そこで、ダイビングガイドのYOKOさんが現地で目撃した場所へ連れて行って頂き、そこでなんと、パラオで見るだけでも貴重なBIIBを撮る事ができました!
このBIIB(ビーブ)はパラオの国鳥で、鳩の仲間ですが虹の様な色が特徴で非常に美しいです。
しかし大変臆病なので滅多に見られないとのこと。
この日も山の上の高い所にいて、かつ羽が緑色なので見つけるのに苦労しました。
独特の声で鳴いてくれたので、その声を頼りに探すこと10分、やっと見つけることが。
遠く、手持ちなので画像は証拠写真程度ですが、撮れただけで大変嬉しい。
次回機会が有れば、もう少し良い三脚で粘りたい!・・・、ああ、手持ちでした。
(D810+150-600mm)
170504-D81_Biib007s
    ↑ BIIB発見!お腹から尾にかけて、まるで絵の具で色を付けた様な色です。
     胸元は白ですが、紫色の斑点が。虹の様な鳥です。
170504-D81_Biib023s
    ↑ 紫色の防止も綺麗。独特の声で鳴いてくれたので見つけることができました。
170504-D81_Biib047s
    ↑ 移動したので私も・・・。ここは枝かぶりなし!
D81_6538s
    ↑ ちょっと葉の影になってしましましたが、全身が見えます。
D81_6555s
          ↑ 一羽でも十分なのに、少しするとペアに!
            心臓バクバクでした。

<4416師匠の写真集>+PALAU野鳥編(その2)

このところ出張や飲む機会が多く、写真の整理が滞って更新をサボっておりました。
そんな中、本日は誠に嬉しい事がありました。
私の鳥撮りの師である4416師匠が写真集を出版されました!
そして本日、その写真集をお受取りし、初めて作品を拝見致しました。
長年の貴重な体験談や鳥撮りを始められた経緯、その他様々な思いが込められた作品です。
また、これだけの写真集を創られるには、大変な労力をかけられたものと思います。
一つ一つの作品が素晴らしいことは言うまでもなく、正に私の目指すところであり、いつの日か少しでも近い作品が撮れたら。と思うところであります。
写真集の出版と言えば、写真を撮る者にとっては夢の夢、極々限られた方のみが叶う事と思っています。撮影にご一緒させて頂いた時の作品やブログで拝見した作品、悩んだ時にご指導頂いた時の作品等も載っており、私も大変感慨深い思いです。4416師匠、本当におめでとうございます!

このところ全く現像や整理が滞っていたパラオシリーズですが、せっかくなのでこの機会に何枚か貼ります。(しつこく、まだ続きます!)
今日は私のブログの表紙でもある、シラオネッタイチョウとヒメアジサシです。
本当は海面上スレスレを飛ぶシーンや海を絡めた所を撮りたかったのですが、GWはダイバーが多く、カメラを船に持ち込む事も出来ず、空いた時間に陸上で撮ったのみでした。なので例に漏れず遠く、証拠写真になります!

4416師匠写真集s
    ↑ 4416師匠の写真集「素顔の野鳥」 
D81_6750s
    ↑ シラオネッタイチョウ 私の大好きな鳥です。海の上で撮りたかった!
D81_6756s
    ↑ この場所は、偶然ですが野鳥の数が多いとの情報を得ました。
      次回のパラオではグッと踏み込んでみたいと思います。
170504-D81_ヒメアジサシ023s
    ↑ ヒメアジサシ 全身が真っ白で青い海によく映えます・・・空抜けですが。
170504-D81_ヒメアジサシ029s
    ↑ ダイビングに行く途中、ボートからこの鳥が見えると本当に見とれてしまいます。

<PALAU-5>野鳥編(その1)

今回のパラオでは野鳥や星空も狙いでした。勿論昼間はダイビングがメインなので、鳥撮りも早朝か夕方に限られます。本当はボート上に望遠セットを持ち込む予定でしたが、GWで混雑したボートでは邪魔になるのと、トラブルの原因になるのでそれは見合わせ。
まあ、そういう時にかぎってボートの近くを飛翔するシラオネッタイチョウがいたりするのですが、そこはグッと堪えて早朝の野鳥に賭けました。
ダイビングのYOKOさんに教えて頂いたポイントは野鳥が多く、何種類かを撮る事が出来ました。
ただ、ロックアイランドの岩山の上の方に止まっていて、距離にして70mくらい。
三脚も旅行用の細いものだったので画像は全く人様にお見せ出来る物ではありません。
本当に「これを見ました」といった超証拠写真ですが、記念に貼り付けます。
次回??はもっと近くで撮りたい・・・・?。機材はD810+タムロン150-600mm
D81_5300s
    ↑ ナンヨウショウビン これは以前マレーシアで至近距離で見ましたが、カワセミ
      の仲間で羽が非常に綺麗です。
D81_5380s
    
D81_5417s
    ↑ これはロックアイランドの岩の頂上付近。一番遠かった~。
D81_5434s
    ↑ その後飛翔。連続で何枚か貼ります。
D81_5435s

D81_5436s

D81_5437s

D81_5596s
    ↑ この枝はお気に入りの様で何度かここで見かけました。この日はペアで。
      翡翠と違い、オスとメスの見分け方が分かりません。
D81_5366s
    ↑ これも今回見たかったミクロネシアミツスイ
     真っ赤な体が美しい。パラオでは公園や庭先などでも見られる普通種ですが、近くで
     は撮れず、これも40mくらい有りました。。。
D81_5466s
    ↑ カラスモドキ 季節柄?ペアで営巣していました。地味ですが。
D81_5499s
    ↑ PALAU CICADABIRD♀ 藪の中を移動するので枝かぶりまくり。雄は濃紺色だとか。

<PALAU-4>マクロ(ハゼ系)編

PALAU記事がまだ続きます。
PALAUに行ったら見たいマクロ系の代表格なのがヘルフリッチとアケボノハゼだと思います。
その他、ハナダイ系やその他のハゼ系も人気がありますが、私も上述の2種は外せません。
と言う事で、今日はハゼ系を少々貼ります。
ところが、上述の人気2種は比較的水深が深い所に居るのであまり時間をかけることが出来ません。
解っていながらも、つい気持ちが焦り、待てないんですよね~、ヒレ全開を。
まあ、今回は特に人も多かった事もあり、相手をより好みする事も出来ず、何となく慌ただしい撮影でした。以前はリラックスしていたからか、結構全開が撮れたのですが、ん~、悔しい・・・。
やはり、リベンジしたいな~。遠いけどね~。

170501-2D81_13s
    ↑ ヘルフリッチ やっぱり綺麗ですね~、ヒレ全開ならもっと良かったのに・・・。
170501-3D81_15s
    ↑ アケボノハゼ こちらもヒレは開かず。ヘルフリッチほど開かないとのこと。
     今回はホワイトバランスが現像ソフトと今一つ合わない??
     バージョンアップする前の方が自然だった様に思います。
170501-2D81_23s
    ↑ 贅沢ですね~、最近、個体数が増えた様で、こんな絵も撮れる。(構図は別として)
     行かれる方は、慌てずに、是非とも2匹ともこちらを向くまでお待ち下さい。
170503-1D81_008s
          ↑ 超珍しい。アケボノハゼの身体で、顔が黄色。初見です。
            アケボノとヘルフリッチのハーフでしょうか!?
            又は新種??(笑)
170501-3D81_23s
    ↑ ここからはエビとの共生ハゼで、これはヤマブキハゼ
      これも私の大好きなハゼです。黄色の水玉と喉元の青い点が堪りません。
170501-4D81_058s
    ↑ 色が地味なブチハゼと、エビはニシキテッポウエビに似ています。
170501-4D81_103s
    ↑ オイランハゼ(又はSP)これもヒレ全開だと目を見張る美しさなのに・・・。
     パラオには派生系のSPがいるとここと。
170501-4D81_123s
    ↑ ホシゾラハゼ 泥砂地に住む、一見地味なハゼですが、光が当たると星が浮き出て
      非常に綺麗です。ここのエビは妥当な大きさですが、このハゼは自分より3倍以上
      も大きなエビと共生している事が多く、撮影の時は出てくるエビに興味津々。
170503-1D81_001s
    ↑ ヤノダテハゼ ん~、エビの出方が少ない。それと、ハゼ自体も半身程度。
      このハゼは黄色の縞模様と尾ビレが美しいので全身出て来て欲しかった!

この様に、今回はハゼ系も思う様に撮れず、モヤモヤが残ります。。。

<PALAU-3>2-3日目のワイド編

再びPALAUの記事に戻ります。
2日目(5/1)の1本目はブルーコーナーの上げ潮コース。これはパラオで最も人気のある大物(群)狙いの定番コースです。今回もここには3回行きました。この日は上げ潮と言いつつ、潮の流れがはっきりせず(流れたり止まったり)、大物はあまり出ませんでした。
その代わり、サメは比較的近くを泳ぎ、流れが無いのでこちらも近くまで泳いで行けます。
普段遠いいサメも今回は至近距離で撮る事ができました。
そして3日目(5/2)は1本面:ジャーマンチャンネル、2本目:Dexter Wall→コーナー、3本目:ブルーコーナー(下げ潮)でのワイドを貼ります。
170501-1D30_28s
     ↑ ブルーコーナー(上げ潮)でのグレーリーフシャーク(2.3m程度)
      このサメは形が綺麗なので、見るとつい、撮ってしまいます。
      なかなか寄らせてくれないんですけどね。
170501-1D30_34s
    ↑ ブルーコーナー先端付近にあるイソギンチャク。広がっていると見応えしないので
     すが、この日は丸くなっていて綺麗でした。
170501-1D30_54s
    ↑ これもブルーコーナーのカスミチョウチョウウオ。この様に群れていることが多く、
     バックのブルーに映えるチョウチョウウオです。
170502-1D30_15s
    ↑ ジャーマンチャンネルのホソカマスの群。
170502-2D30_20s
    ↑ Dexter Wallのアオウミガメ。ここは亀が多いポイントでした。
170502-2D30_29s
    ↑ ブルーコーナーの近く。ヒメフエダイの群。やはりこの方がパラオっぽいかな。
170502-3D30_10s
    ↑ ブルーコーナー(下げ潮)時のブラックフィンバラクーダ。
      下げ潮だと棚の上で遭遇する事が多いので比較的近づけます。
170502-3D30_24s
     ↑ その後、これもここの定番のホソカマス。遠めに見ると一瞬バラクーダかと
      思ってしまいます。 
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ