Dive and Photo

鳥、戦闘機、水中の写真をメインに、気に入った写真が撮れたらUPしたいと思います。

2012年10月

<シマフクロウ>室蘭出張、その後ー3

夜の野鳥撮影が初めてのため、SSには苦労しブレも多かったのですが、静かに待ち、闇から音もなく飛来する姿、またこの独特の撮影にハマってしまいました。
次はいつ行けるか分かりませんが「次回はこうしてみよう」などと思いを馳せるのもまた楽しいものです。
質感を上げられるように夜、自宅周辺で何か練習したいところですが、、、、職質間違いないので止めておきましょう。
121020-3_羅臼シマフクロウ082_01

121020-3_羅臼シマフクロウ084_01



DSC_2349_01
121020-3_羅臼シマフクロウ092_01


121020-3_羅臼シマフクロウ209_01
                                  

121020-3_羅臼シマフクロウ111_01
    

121020-3_羅臼シマフクロウ129_01




<シマフクロウ>室蘭出張の、その後-2

出張後の旅行第2日目は洞爺湖→札幌→女満別へ飛び、また車でウトロまで走りました。
オホーツク海沿いを走る頃はもう暗く、景色を楽しむことはできませんでした。ちょっと寄り道しすぎた様です。
ウトロで一泊し翌朝は知床五湖へ。ここも非常に楽しみにしていたのですがその模様は後日。
知床五湖の後は昨日UPしたサケを少々撮り、その後は羅臼へ向かいました。
ここの目的は勿論、シマフクロウです。大先輩のOさんのブログで拝見して以来、いつか撮りいたと思っていました。これほど早くチャンス到来するとは。
ここへ来るに当たり、Oさんからは事前に多くの情報と撮影の様々なアドバイスを頂いていたお陰で、初めてにしては順調に撮影することができました(腕は別として)。ご丁寧にありがとうございました。
この日はシマフクロウの出が非常に良くそれもラッキーでした。
夕方5時半頃には初めて聞く声、「ボン、ボーン、ボン」と低い声が響きます。
6時過ぎにスタンバイした時は既に目の前の枝に止まっていました。初めて見る巨大なフクロウに興奮しながらも夢中でシャッターを切り撮影開始です。
DSC_2298_01
       気付くと目の前の枝に。
DSC_2349_01
       この目つき、鋭いですね

DSC_2339_01
                                 「ん!?」

DSC_2479_01
      ちょっとブレましたが、なんとか撮れた飛びもの

DSC_2396_01


DSC_2317_01


DSC_2320_01


DSC_2378_01


<サケの遡上>室蘭出張の、その後-1

 随分間が空いてしまいましたが、日曜日(21日)に室蘭出張から戻りました。
実は出張先での仕事は先週水曜日(17日)に終了したので翌日は帰路に着く予定でした・・・・・。が、、、
1日休みを取れば直ぐに週末です。フツフツと湧き出る思い・・・、「このまま帰るべきか・・・」。
仕事の終了目処が付いたのは前日火曜日。夜ホテルに戻るとインターネットで次から次へ予約を入れている自分が。航空券、レンタカー、ホテルの手配が全て完了し、やっと夜中に落ち着きましたが、思いは既に仕事の後のお楽しみへ向いていました。
という訳で、木曜日(18)から日曜日(21)はそのまま北海道で過ごすことに。

その出張の途中でも1度日曜日(14)があったので、その日は洞爺湖を舞台に活躍中の写真家Sさんの所へ。
以前Sさんの写真集を拝見して以来ずっと見たかったサケの遡上が最盛期を迎えています。
私の急な訪問にもかかわらずSさんには1日お付き合い頂きました。
そして出張後の旅行第1日目(18)にも水中の様子を撮影するために再度Sさんを訪ね、またまた1日お付き合い頂きました。ご多忙中、本当にありがとうございました!
DSC_1534_01
       14日(日)初めて見るサケの遡上。
       これはシロサケ♂ 浅瀬では水面から背中を出しながら勢いよく遡上しています。

DSC_1372_01
       いたる所で水しぶきが。しかし水上には卵を狙うカモメも集まっています。
       カモメには第1回冬羽の若鳥が目につきます。

DSC_1265_01
       浅瀬では雌を奪う雄の睨み合いも。

DSC_1327_01
       メスの奪い合いで争う(背中を噛む)雄。

DSC_1045_01
       旅行第1日目(18日)に再度Sさんにお付き合い頂き、同じ川へ。
       しかし前日の大雨の影響で川は味噌汁状態。
       ところが、出張用の荷物の中から何故か?水中カメラが出現!
       これは水中の様子を撮らない訳に行きません!

DSC_1395_01
       濁った水中でやっと撮れたサケの顔。これは雌ですが撮れて良かった~。
       Sさんからドライスーツ、ウエイト等をお借りし、スノーケリングにて撮影。
       視界は数cm、殆どカメラがサケにぶつからないと撮れません。
       しかし驚いたのは撮影中じっとしているとサケが私の足や腹にぶつかってくる事!
       多数のサケが私の目の前、顔の横で水しぶきを上げて行きます。

DSC_1517_01
       結局日没まで粘ってしまいました。
       サケがぶつかって来るあの感覚が忘れられません。
       この日はピアニストのAさんも見え、川原でBBQの準備をして下さいました。
       焼きトマトが冷えた体を温めてくれました!
       (BBGは肉と野菜です。間違ってもサケは獲っていません!)

DSC_2341_01
       翌日(19日)は札幌から女満別に飛び、知床へ向かいました。
       前後しますが、こちらは20日のウトロの川で撮影したもの。
       ちょうど透明度も良くサケが見えたのでここでも水中カメラを入れてみました。

            
DSC_2267_01
       産卵床を準備する雄

DSC_1910_01
        こちらはペアとなった2匹。産卵も近そうです。

DSC_2115_01
       出張に水中カメラを持参した甲斐がありました!

<かわせみ>出張

明日からしばらくの間、室蘭への出張が入りました。今週末は一度戻るものの、用事や海の約束があり、鳥撮りには行けそうも有りません。
このところ、いつもの公園ではかわせみ君もそこそこ撮らせてくれていたのでちょっと残念。
それにミサゴのシーズンも近く、この時期の長期出張はちょっと痛いな~。
室蘭で何か見られると良いのですが、超多忙が予想されるし・・・。早めに仕事を片付けて戻るしかありませんね!写真は今週日曜日(9/30)、台風直前の公園にて。

120930_かわせみ04_01

               ↑ 最近、離水前の1カットを撮る様にしました。

120930_かわせみ05_01
                     ↑ 目が隠れなければ・・・!
120930_かわせみ15_01

120930_かわせみ16_01
              ↑ この若鳥も徐々に狩りの確率が上がってきました。
120930_かわせみ17_01
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ