Dive and Photo

鳥、戦闘機、水中の写真をメインに、気に入った写真が撮れたらUPしたいと思います。

2013年11月

<海洋公園・富戸>うねりが強かった~

先週末はいつもの海洋公園と久しぶりの富戸を潜りました。
天気は最高で暖かく絶好のダイビング日和だったのですが、海洋公園に到着すると「潜水注意」。低気圧からのうねりが入り、良い波が入ってきます。うねりが収まるタイミングを見計らってエントリー。
水中も浅場は底揺れが大きく撮影には苦労しました。
翌日は最初から海洋公園を諦め久しぶりの富戸へ。ここでもうねりは強く、全体的に浅いので底揺れに悩まされました。偶然にも真横を泳ぐカミソリウオを発見。底揺れでペアの相方とはぐれてしまった模様。
131116_オオウミウマ03_01
         ↑ 亀岩先端のオオウミウマ。小柄ながら、普通のハナタツの1.5倍程度
131117_オキゴンベyg04_01
             ↑ オキゴンベyg 興味有り気に見つめられてしまいました。
DSC_4764_01
             ↑ この時期ベラのygも多く非常にカラフルな水中。
131117_カミソリウオ03_01
             ↑ 富戸のカミソリウオ♂ 私の横を泳いでいました。
               その後も広範囲に移動するのでどうしたのかと思えば、・・・
131117_カミソリウオ13_01
             ↑ その先にいたのは♀。どうやらはぐれて探していたようです。
131117_カミソリウオ05_01
 ↑ ♀の横へ行くと移動がピタッと収まり、仲良くユラユラ。

<風景編>道東遠征-7(完)

先月の道東遠征後、既に1ヶ月が経ってしまいました。
その間だらだらと続けた道東遠征シリーズも今回で終了です。その方が新たな写真を取りに行く必要に迫られるので良いかも知れません。しかしよく1ヶ月も引っ張ったな~、と自分でも思います(笑)。
今回は移動中に遭遇した風景がメインとなります。
DSC_0141_01
          ↑ 知床峠から望む羅臼岳山頂。
            雲が薄くなった一瞬を待ちました。(64手持ちの待ちは辛い・・)
DSC_4909_01
          ↑ 珊瑚草の紅葉 年々減っている群生ですがここの水辺では
            まだ比較的多く見ることができました。
DSC_4958_01
           ↑ 足元にも・・・。
DSC_5081_01
          ↑ 摩周湖 私は何度も見ていますが「霧の摩周湖」を見たことが
            ありません!!
DSC_0164_01
          ↑ 弟子屈近くの公園にてアオジ。゙今季初撮り
DSC_0179_01
          ↑ 同じ公園で見たオオハクチョウ
DSC_0348_01
          ↑ 秋の丹頂。そろそろ冬支度のため餌の豊富な場所へ集まって来ます。
DSC_5036_01
          ↑ 斜里近くのヒマワリ畑。この時期に満開とはびっくり。
DSC_5069_01
          ↑ 斜里近くの以久科原生花園のハマナスの実。

<オシドリ>近所の公園にて

今日は朝のうち天気が良かった様ですが私が起きた頃はもう曇り始めていました。久しぶりに時間が出来たのでかわせみを撮りに行こうかと準備していると雲行きが怪しく・・・。どうするか考えているとまた空が明るくなってきたので、家から5分の公園にオシドリを撮りに行くことにしました。
以前からここに飛来する事は知っていましたが、鳥との距離が遠いので諦めていました。しかしせっかく近所に良いポイントがあるのだし、遠くへ行く時間もないので行ってみることに。
遠距離用に64+D7100=1200mm相当にて。
131109_オシドリ004_01
             ↑ 公園に到着時は暗い木の茂み下でじっとしていましたが
               しばらくすると少しずつ移動を開始
131109_オシドリ009_01
             ↑ その後、老若男女入り混じって残りが一斉に移動開始
               (距離100m以上なので大トリミング)
131109_オシドリ016_01
                     ↑ 池の奥の更に暗い方へ移動
131109_オシドリ085_01
              ↑ やはり♂は♀が気になるようでずっと後を付いていました。
131109_オシドリ082_01
                           ↑ ♀の成鳥
131109_オシドリ088_01
                              ↑ ♂の成鳥
131109_オシドリ067_01
              ↑ 良い雰囲気のペアに割って入ろうとする♂2羽。
                 何処にでもいますが・・・。

<念願のヒグマ-2>道東遠征-6

再び道東遠征(まだ引っ張るか!?)に戻り、ヒグマの写真をもう少し。
O師匠のヒグマのアップに影響され、私もトリミングしてみました。
このクマ達、遊びに夢中で全くじっとしていません。休むことなく水に飛び込む、川の中を走る、鮭を振り回すなど非常に活発で楽しませてくれました。体が大きいのであまり考えなかったのですが思いのほか動きが速く苦労しました。また一つ動物写真の楽しさを見つけてしまった様な気がします。
迫力の表情かと思うとあどけなさがあったり、若いクマならではの表情をみせてくれました。
DSC_8789_01

DSC_8793_01

DSC_8889_01

DSC_8914_01

DSC_8993_01

DSC_9007_01

DSC_9068_01
↑ 時々じゃれ合う2頭
DSC_9364_01
↑ 今度は共同作戦
DSC_9369_01
↑ でも獲った者勝ち
DSC_9454_01
付かず離れず、仲良く遊びながら川を下り、やがて対岸の山へ帰って行
きました。今回は私にも反省点がありますがいつまでも彼らが安心して
住める環境を守りたいと願います。

<伊豆海洋公園>南方系の生物

3連休の中日、伊豆海洋公園に行って来たので北海道の写真は一休みです。(・・・まだ続ける気?)
受付を済ませ、今日の生物情報を聞いてみると、なんとフリソデエビがいるらしい!
それ以外にも南方系の生物がかなり増えています。
そして今日はIOPで伊豆牛?のバーベキュー無料サービスが行われるのでそれを目当てに来たダイバーで普段より賑わっています。これは早めに見に行かないと居なくなってしまう・・・と急いで支度をしてエントリー。
結果、フリソデエビは全く見られず、エグジット後に再度居場所を確認しに行くと、まだ体長1cmにも満たなく、一昨日に目撃された後は確認できてないとの事。早く聞いておけばよかった。
しかし水中は南方系の生物がかなり多くなっておりまだまだ楽しめそうです。
131103_カンムリベラ01
                         ↑ カンムリベラyg
131103_キンチャクダイyg01
                       ↑ タテジマキンチャクダイyg
131103_サザナミヤッコyg01
      ↑ サザナミヤッコyg
       上のタテジマキンチャクダイygとよく似ていますが輪状の模様ではないのが特徴
131103_サンカクハゼ01
             ↑ サンカクハゼと思われる。
               これも南方では普通に見られますが、ここで会えるとは!
131103_トウシマコケギンポ03
                 ↑ トウシマコケギンポ(近すぎて赤目になってしまいました)
131103_ハナタツ02
                             ↑ ハナタツyg
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ