Dive and Photo

鳥、戦闘機、水中の写真をメインに、気に入った写真が撮れたらUPしたいと思います。

2014年10月

<クリアクリーナーシュリンプ>富戸

週末になってしまいました。
最近、怠け癖がついたのか、1週間が本当に速いのか・・・。
先週末の画像ですが、久しぶりに富戸へ行ったのでUPします。
行きの車のラジオでは富戸でフリソデエビが出たと聞き、期待していたのですが岩の奥へ入ってしまった様で、見ることは出来ませんでした。
別のポイントではクリアクリーナーシュリンプが居るとの事で、2日目はそちらに切り替えました。
ソリハシコモンエビとよく似ていますがこちらの方が赤や白の色が多いですね。
これらのエビは魚の口の中をクリーニングする事で知られていますが、この日は笑いました。

エビのいる岩穴の前に着くと、大きなウツボが岩穴へ顔を突っ込んでいました。
クリーニングを受けている様なので、邪魔せずウツボの真後ろで少し待つとウツボが振り向き、こちらに気付きました。
私と目が合うと、ウツボは怪訝そうにその場を去って、岩の向こう側でじっとしています。
私は早速エビの写真を撮り始め、撮影が一段落したところで周りを見ると、先ほどのウツボが私の膝下まで戻って来てじっと待っています。彼はどうしても穴に戻ってクリーニングのつづきを受けたいのでしょう。行儀の良いその姿に笑ってしまい、もう何枚か撮ってからウツボ君に定位置を譲りました。
141026_ソリハシコモンエビ01_01
             ↑ 体が透き通っているのでバックの岩にかき消されてしまいます。
141026_ソリハシコモンエビ26_01
             ↑ 1つの穴に6匹もいました。珍しい。
141026_ソリハシコモンエビ23_01
             ↑ 砂底に降りて来てくれました。
              ストロボを低く当てて、やっと少しは存在感が出たかな?
141026_カミソリウオ09_01
            ↑ エグジット付近では「カミソリウオ沢山」・・・・
141026_カミソリウオ17_01
            ↑ 今季初のカミソリウオ。Nさん発見。
141025_ビシャモンエビ01_01
            ↑ お馴染みのビシャモンエビ。
 

<夜景・星景>西伊豆にて

昨日は日曜日でしたが会社同僚と西伊豆へ出かけました。
いつもよりのんびり、昼頃西伊豆に到着し、まったりと場所探しです。
何となく風景等を撮ろうと目的は決めていたものの、場所までは限定していなかったため新地開拓も目的の一つでした。しかし良い場所はそう簡単には見つからず、結局覚えのある場所へ。
到着後、適当に辺りの景色を撮り、暗くなるのを待ちました。・・・・風景を撮りに行って暗くなるのを待つ?
今回の目的は夜景、星景なので実に贅沢な時間の使い方でした。
141019_雲見千貫門006_01
            ↑ 西伊豆といえば黄金崎 先ずは定番で。
141019_雲見千貫門065_01
            ↑ ここも定番ですが
141019_雲見千貫門091_01
            ↑ この時間を待っていました。
141019_雲見千貫門098_01
            ↑ 星を入れて。この静かなひと時がたまりません。
141019_雲見千貫門104_01
            ↑ 天の川(D3s+フィッシュアイ)
141019_雲見千貫門110_01
            ↑ 場所を変えて高台から
141019_雲見千貫門115_01
            ↑ D3s+20mmF2.8
141019_雲見千貫門117_01
            ↑ これは山側の景色。よく見るとアンドロメダ銀河も写っています。
              まあ、これはよほど星好きな人にしか分かりませんけどね。
 

<盛りだくさん>の大瀬崎(その2)

今週末は用事で鳥撮りにも海にも行けないので先週末の大瀬崎続編です。
140927_クマドリカエルアンコウ02_01
           ↑この日の一番人気はこのクマドリカエルアンコウでしょう。
            まだygなので大きさは3cm弱ですが、2箇所で見られたので水中は大賑わい
            でした。
140927_コシオリエビ01_01
           ↑ この時期の楽しみであるアカスジエビ。
             しかし正面から撮ってはせっかくのアカスジが見えない!ですね、反省。
140927_コシオリエビ06_01
           ↑ これもいつもいるコシオリエビ。しかしクダヤギにいるのはあまり見たことが
             ありませんでした。光の回りが悪かった。反省。
140927_ビシャモンエビ03_01
           ↑ ビシャモンエビ 最初はペアだったのに色々な人に撮られて隠れてしまったか。
140927_ベニカエルアンコウ03_01
           ↑ ベニカエルアンコウyg これもまだ3cm程度のチビ。
             この日はカエルアンコウだけで7個体も。しかし私はエビに夢中でした。
140927_ボブサンウミウシ01_01
           ↑ ボブサンウミウシ これも比較的珍しい、かつ綺麗なウミウシなので人気
             があります。この撮り方、気合が感じられません。
             やはり私はエビが気になる・・・。
 

<盛りだくさん>の大瀬崎(その1)

今週も既に水曜日になってしまいましたが、先週末の土曜日、久しぶりに大瀬崎に行きました。
写真整理とUPが遅れてしまいました。当日はお仲間と待ち合わせていたのですが、その時、お仲間ははまだ熟睡中でした・・・・。
認識が噛み合わずお互い勝手に土曜日と日曜日を差し違えて考えていたので仕方有りません。
さて、一人で潜れる場所となると大瀬崎です。直ぐにIOPの予定を大瀬崎に切り替え急行しました。
この日の大瀬崎は大ヒット!でした。
久しぶりの大瀬なので生物情報を持ってなく、大瀬は聞いても場所を特定しにくいのでこの日は行きつけのお店で初めてガイドを頼みました。
「盛りだくさんなのでいちいち写真を撮っていたら回りきれない」という事で、1本目だけ場所を教えてもらう事にしました。その後、2本目、3本目は自分だけでゆっくり、気の済むまで撮影という贅沢なダイビング。 なので2回に分けて貼り付けます。
140927_クダヤギクモエビ06_01
             ↑クダヤギクモエビ ペア 大瀬で見られるのは珍しく、以前四国で見た
              きり。今回はペアでお出ましです。ちょっと深めだったので減圧を出し
              ながら。これはまた見たい。
140927_イソコンペイトウガニ01_01
             ↑ イソコンペイトウガニ 時々出現しますがかなり見つけにくい部類。
               今回も一人で行った時は隠れてしまい、見つからず。
               1本目で取り敢えず撮った証拠写真。(体長4mm)
140927_イソバナカクレエビ04_01
             ↑ イソバナカクレエビ これも居そうで居ない。以前から見たかった内の
               一つ。不思議なことに特定のイソバナに群生していました。
               同じ様なイソバナは多数有るのに何故ここにだけ?(体長5mm)
140927_オオモンカエルアンコウ01_01
             ↑ オオモンカエルアンコウ この日は2匹のオオモンカエルアンコウを
               目撃。オオモンとは言えこれはまだygなので体長3cmくらい。
               カエルアンコウの中では色が美しい。
140927_カナメイロウミウシ02_01
             ↑ カナメイロウミウシ これは2本目に自分で見つけたのですが、なんと
               伊豆で見られるのは大変稀だとか。おまけに2匹います。(分かりにく
               いですが)発見時は「見たことの無いウミウシ」とは思いましたがそれ
               ほど希少価値が有るとは知りませんでした。
               もっと色々なアングルで撮れば良かったと後悔の残る被写体。
140927_キンギョハナダイ♂03_01
             ↑ 浅場で安全停止中にお馴染みのキンギョハナダイ♂
              どこにでも居るけど改めて見ると綺麗なんですよね~。 
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ