Dive and Photo

鳥、戦闘機、水中の写真をメインに、気に入った写真が撮れたらUPしたいと思います。

2015年09月

<大瀬崎>先週の在庫より

今日は中秋の名月ですが、雲に入ったり出たりなので撮っていません。明日は今年最大のスーパームーンだとか。
この週末は用事で出かけていないので、先週のダイビング2日目の大瀬崎在庫より。
先週の大瀬崎の外海はクローズだったため湾内のみ。それに最近私は大瀬崎でお魚情報が得られず、いつもと同じ様な魚ばかりです。やはり私には東伊豆の方が探しやすい・・・かな。
引き続き殆どがTG-4にて撮影。
P9200213s
      ↑ D2000を付けたので色がよく出ます。
P9200218s
      ↑ ワイド側でも寄れるのでノーマルでワイドマクロっぽくも撮れる。
P9200223s
      ↑ 先端のキンギョハナダイ。1台でマクロ~ワイドまで撮れるのが楽しい。
        普段はワイドかマクロか悩む時もこれ1台あれば撮れますね~、便利です。
150920_ミジンベニハゼ08s
      ↑ おまけ 湾内のミジンベニハゼペア。このビンの内側の黄色い粒は卵。
        ミジンベニのハッチアウトも見てみたいものです。(D300使用)

 

<らららダイビングスポット>西伊豆 TG-4インプレ

ちょっと油断するとすぐに間が空いてしまいます。
相変わらず鳥撮りに出かけていないのですが、折角のシルバーウィークなので9月19,20日で西伊豆に行きました。
台風20号の影響で伊豆の東海岸スポットは何処もクローズだった様です。波予報からも予想出来たので今回は西伊豆に直行しました。東から西に急遽場所を変えるショップの皆さんで西はごった返していました。
が、初日(9/19)は今年オープンしたばかりで以前から気になっていた「らららダイビングスポット」に行ってみることにしました。大瀬に行く途中の西浦に位置し、波も風も全く無しの穏やかな海です。(台風の影響など全く感じない)
内海なので透明度は期待できませんが、施設も広々として綺麗な上に使い易い作りになっていて快適でした。
今回は初めてなので、潜水エリアと生物の調査を兼ね、のんびりと潜りました。
また、先日購入したコンデジTG-4に外部ストロボを接続してみたのでその使い勝手も試してみます。
家に転がっていた旧型のイノンD2000(Type-2)を接続しましたが、やはりType-2だとTTLが芳しくないのでストロボはマニュアル設定にしました。(次回はType-4も試そうかと・・・。)本日の画像は全てTG-4(水中モード)使用。20日は大瀬崎を潜りましたがその記事は次回に。
DSC_3146s
            ↑ D2000を装着。機動性を生かすために片手でぐらつかない様
              に、簡易ステーを作り右手側にストロボを配置。
              ボディーより大きストロボですがバランスはまずまず。
P9190005TGs
      ↑ エントリー早々にアカカマスygの群れ。(TG-4水中モード オリジナルJPG)
        この色の良さには驚き。
P9190005s
      ↑ RAWをSILKYPIXで現像したもの。好みですが、オリジナルの方が良いかも。
        現像をもっと勉強する必要があるな・・・・。
P9190041TGs
 ↑ ミドリイシのコロニーも有ります。この珊瑚はこの地で産卵もした事から、しっかり根付いている
   様です。(TG-4オリジナルJPG)
P9190087s
      ↑ アオリイカの産卵床にはミカヅキツバメウオかナンヨウツバメウオのygが。
        ツバメウオの幼魚は判定が難しい場合がありますが、この模様からはミカヅキのygの
        様に思います。(浮遊物が多く、醜いですが。RAW現像)
P9190122s
      ↑ 産卵床の近くにはカエルアンコウも。(RAW現像)
        非常に細かい泥砂なので簡単に砂が舞い上がります。要注意ですね~。
P9190135s
      ↑ アオリイカの卵塊。この時期にしてまだ産卵直後。
P9190149s
          ↑ こちらはスノーケリングで見に行ったツバメウオの幼魚。(水深0.8m)
 

<ガンガゼカクレエビ>大瀬崎

昨日(9/5)は用事が無くなり、急遽大瀬崎に潜りに行きました。
先週エグジット前にガンガゼカクレエビを撮ったのですがイマイチだったので撮り直す事に。
今の時期はガンガゼを覗けばかなりの確率で付いているのですが、撮り易いガンガゼをさがす必要があります。
ま、ひたすらガンガゼを見て回る地味~な撮影です。こういう事は地味すぎて一人の時しか出来ないのでちょうど良かったかも知れません。 
150905_ガンガゼカクレエビ008s
     ↑ 比較的撮り易い位置にいたガンガゼカクレエビ。ガンガゼエビと似ていますが、色が濃く、
       体側の白い線がガンガゼエビより細い事で区別出来ます。が、図鑑によっては区別が曖昧
       なものもあり、定かではありません。
150905_ガンガゼカクレエビ023s
      ↑ 撮影を開始するとガンガゼが刺を動かすので刺かぶりに苦労します。おまけに浮遊物も
        舞い始める・・・。ちょっと見辛いですが、この個体は卵を抱えています。
150905_ガンガゼカクレエビ085s
                ↑ 刺の白いガンガゼにいた比較的大きめ(約2cm)の個体。
150905_ガンガゼカクレエビ101s
                ↑ あまり動かなかったのでノートリで。
150905_ガンガゼカクレエビ104s

P9050228s
      ↑ おまけ TG-4のオリジナルJPG。やはり青が綺麗です。昨日は濁り気味だったので
             これでもかなり綺麗な青が出ています。
P9050236s
      ↑ ニシキウミウシ(TG-4)
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ