Dive and Photo

鳥、戦闘機、水中の写真をメインに、気に入った写真が撮れたらUPしたいと思います。

2016年07月

<夜の尾白鷲>百里基地-夜間編

百里基地での夜間編です。
昼間の上がりの少なさから、夜間訓練も疑問でしたが、取り敢えず併設されている茨城空港へ行き一休み。そこの椅子で30分ほど熟睡してしまいました。
何気なく起きて外を見るとF-4が滑走路に向けてタキシング中!
エプロンでも動きが見られた事から、急いで撮影ポイントへ。
既に数機が上がり終えてしまいましたがこうなれば着陸を狙うのみ。
45分ほど待つと、月も出て良い雰囲気の中、帰還組が見え始めました。
「夕暮れの滑走路は美しいな~」、などと浸る間もなく撮影開始!
久しぶりの夜間撮影を満喫しました。(D500+300mmF2.8)
160719_百里基地103s
                  ↑ 続々と帰還 この後タッチ&ゴー
160719_百里基地116s
                          ↑ 雲が・・・!
160719_百里基地121s
                      ↑ RFの頭上ブレイク
160719_百里基地128s
                   ↑ 最初に着陸したT-4
160719_百里基地133s
                 ↑ お次は尾白鷲のF-4
160719_百里基地137s
               ↑ ISO400 1/30 F6.3 -0.7EV
160719_百里基地147s
                 ↑ またも尾白鷲F-4
160719_百里基地154s
             ↑ ISO400 F6.3 1/40 -0.7EV
160719_百里基地176s
             ↑ 最後はRF 珍しく一番近い滑走路に着陸。
160719_百里基地182s
               ↑ 至近距離のF-4は迫力があります。
 

<尾白鷲(航空機)他>百里基地

3連休の後、この19,20日は会社の夏季休業でした。
貴重な平日の休みなので、会社同僚とちょっと足を伸ばし、百里基地に尾白鷲(第302飛行隊)を撮りに出かけました。
尾白鷲とはこの基地のF-4部隊である第302飛行隊の尾翼のマークで、オジロワシを象っているとの事。(そうは見えませんが・・・。)そもそも北海道で発足した部隊と聞くと納得できますね。
で、肝心な戦闘機ですが、飛びが悪かった・・・。以前、2010年に初めて訪れた時は間髪入れずに離発着があり、撮るのが忙しいくらいでした。が、今回はポツ、ポツっと1機ずつ、多くて3機連続。
しかも、周囲の地形に疎いため、上がりを順光で狙うため色々と場所を変えて、やっと良い場所を見つけた時には既に午後となり逆光。
と、苦労しましたが、滅多に見ないF-4を撮れた上に、一応夜間訓練も見られたと言う事でかなり楽しめました。先ずは昼間の撮影から。(D500+300mmF2.8&TAMRON150-600mm) 
Nさん、往復の運転お疲れ様でした。 
160719_百里基地004s
                ↑ 到着早々、頭上で捻るF-4 
160719_百里基地013s
                 ↑ 捻るタイミングがちょっと早い!
160719_百里基地028s
               ↑ こちらもほぼ頭上で捻り。(尾白鷲マーク)
160719_百里基地036s
             ↑ 第501偵察飛行隊のRF-4E(ベースはF-4)
160719_百里基地045s
        ↑ 離陸直後の捻りを前方から撮ろうと場所を探すも、ちょっと良い所を
          見つけた時には逆光でした・・・。しかもあまり捻らない。
160719_百里基地057s
             ↑ なので基地脇へ戻り、上がりを撮影
160719_百里基地082s
                   ↑ 着陸
160719_百里基地098s
                ↑ 練習機のT-4(連絡機かな?)

<ウミウシ三昧>伊豆海洋公園-2/2

昨日の伊豆海洋公園続編です。
1本目は1の根でハナタツを見た後、ウミテングの場所へ直行しましたが、その途中とその先に綺麗なウミウシが居るので、2本目はゆっくりとその辺を見に行きました。
最大でも水深20m程度なので時間を気にせず撮る事ができます。(D300+60mmF2.8マクロ)

そう言えば、休憩中にカメラ洗い場にカメラを浸けてみたのですが、私以外に一眼レフ(ミラーレスを除く)は有りませんでした。
他は全てコンデジかミラーレスで、それも殆どがオリンパス。気になって周りを見回してみましたが、やはり一眼レフは見つけられませんでした。
確かにオリンパスのコンデジは水中に強く、AF,発色とも本当に使い易く、私も1台もっています。が、以前はもっと一眼レフが多かったのに、皆さんどうしてしまったのでしょうか???
最近のコンデジは写りも良くコンパクトで非常に優秀ですが、一眼レフを使っていた人がコンデジに行くとは思えず、、、。時代の流れなのか、たまたまなのか、不思議な光景でした。 
160716_フタイロニシキウミウシ01s
            ↑ フタイロニシキウミウシ
              ちょっと岩の間で撮りにくい場所でしたが。
160716_ミアミラウミウシ03s
        ↑ ミアミラウミウシ   毒々しい色でゴージャスな雰囲気が好きです。
160716_アオウミウシ01s
       ↑ おまけ 近くにいたアオウミウシ。
          潮溜まりでも見られますが、そう言えばまともに撮ったことが無いので1枚。 
160716_ナヌカザメ01s
          ↑ ミアミラのちょっと先の穴にはナヌカザメが寝ていました。
            顔が見えず残念。(前回に続きサメ運あり?)
160716_カンムリベラyg01s
           ↑ 最後は送り出しの入江でカンムリベラyg。
             これが体長1m程の、あの顔になるとは・・・。 

<ウミテング>伊豆海洋公園-1/2

日付が変わり、昨日(7/16)も先週に引き続き伊豆海洋公園へ行きました。
(海洋公園のスタンプが10個貯まったので、今日はタンク1本無料!(^O^))
出発の頃はドン曇りでしたが1本目を終える頃には晴れ始め、気持ちの良いダイビング日和となりました。
透明度も回復し10~15m、前回同様の水温は18~21℃と、まずまずのコンディション。
今回はお魚情報を聞いてから入ったので全て押さえる事が出来、充実の1日でした。
と言う事で1本目の写真から。(全てD300+60mmF2.8マクロ)
余談:行き先が黄金君(ヒラメ)の方向なので黄金君を探しながら泳いだのですが、今日も遭遇
         ならず。しかし目撃情報は有るので、また会えるでしょう。 
160716_ハナタツbaby04s
            ↑ クエ穴横のハナタツyg(体長3cmくらい)
160716_ウミテング1-01s
              ↑ ウミテング-1 (体長1.5cm)
160716_ウミテング2-03s
          ↑ ウミテング-2(体長3~4cm)こちらはやや明るい色
160716_ウミテング2-05s
               ↑ ヒレ全開! 結構動き回ります。
160716_ウミテング2-09s
             ↑ 上から見ると天狗らしい・・。

<ネコザメ>伊豆海洋公園

今日は雨の中、伊豆海洋公園へ向かいました。
今週も晴れれば非常に暑い日が多かったので、どうしても足が海に向いてしまいます。
ところが今日に限って大雨!まあ、ダイビングはどうせ濡れるし、海は穏やかだったので良いのですが、、、。
で、今日のIOPは透明度3~5mで最悪でした。30mほど潜ると辺りが暗いこと。
 水温は17.6~21℃と幅があります。大抵は水温の低いところでは透明度が良いのですが、今回はあまり変わらず、どこも同じようなものでした。

また、生物情報を聞く前に潜ったので前回に続き、変わり種は見ていません。また、ここ最近はまだ話題が少ない様です。今年は台風が遅く、やっと1号なので南からの旅人がまだ少ないのかも知れません。今後に期待です。
幸い今日はネコザメに遭遇。体長1m弱のyoungで、まだ綺麗な個体でした。
1本目に見つけた時はマクロのみだったので、顔のどアップ等。
2本目も遭遇を期待し、コンデジを持って入ったのが大成功でした。1本目で見た場所の近くに居てくれたので、少しの間お相手をお願いしました。 
 
160709_ネコザメ01s
           ↑ 1本目 顔のどアップ。D300+60mmF2.8マクロ
160709_ネコザメ14s
              ↑ ネコザメの名の由来である猫目
160709_ネコザメ20s
              ↑ 2本目はコンデジ(TG-4)にて。1の根の頂上付
160709_ネコザメ23-Rs
         ↑ ちょっと移動したのでゆっくり後を追うと、・・・
160709_ネコザメ29s
         ↑ 1の根南側の下に落ち着きました。でもまだ警戒している様子。
160709_ネコザメ32s
                  ↑ また移動。
160709_ネコザメ36s
     ↑ クエ穴上の岩の窪みに落ち着きました。
      「頭隠して尻隠さず」が多いネコザメ君ですが、これが落ち着くんでしょうね。

記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ