Dive and Photo

鳥、戦闘機、水中の写真をメインに、気に入った写真が撮れたらUPしたいと思います。

2016年11月

<アカオビハナダイ他>大瀬崎

11/20(日)はプロダイバーYOKOさんがパラオにお帰りになる前に一緒に潜ろう!という事で大瀬に行ってきました。予定は前日(土)でしたが雨だったので急遽日曜日に変更。
そのお陰でポカポカ陽気のベタ凪で11月とは思えない快適なダイビングとなりました。
更にYOKOランチやお手製ジーマミー豆腐もご馳走になりリゾート気分満点です。ご馳走様でした!
で、海の方は、透明度もよく、鏡のような水面と明るい海でここでもリゾート気分。
1本目:岬先端、2本目:柵下、3本目:湾内ちょこっと。何れも水温は約21℃、透明度は15m程。
ワイドが欲しくなる環境でしたね~。
161120_イソギンチャクモエビ03s
    ↑ イソギンチャクモエビ(岬先端) エントリー直後、浅場でこの子にハマり、時間をとって
     しまいました。
161120_イソギンチャクモエビ10s
         
161120_セスジミノウミウシ03s
    ↑その後はこちらも浅場で、近くにも2個体。繁殖時期にはちょっと早いと思いますが。
     セスジミノウミウシ
161120_ゼブラガニ02s
    ↑ これも比較的浅場のゼブラガニ。珍しく大きく、サワガニくらい有りました。
     今日は浅場で次から次へ登場するアイドル達が、なかなか深場へ向かわせてくれません。
161120_ナガハナダイ02s
    ↑ やっと深場へ到着し、お目当てのナガハナダイ。しかし待っても全然ヒレを開かず、、、。
161120_アカオビハナダイ01s
   ↑ 少し上がったところで、ナント!アカオビナナダイ!!
    見た時は「見覚えの無いハナダイ・・」と思う程度でこの1枚しか撮らなかったのが悔やまれる!
    ここで見られるとは! ン~、やはりそう思った時は多めに撮るべきでした~。
    リベンジに行くか・・・。
161120_ミナミハコフグyg04s
    ↑ ミナミハコフグyg
     ちょっと大きくなると「可愛くない」ですが、この頃は見ていて飽きないな~。
161120_オトメハゼ21s
    ↑ 3本目の湾内でも普段見かけないハゼが・・・。オトメハゼ
     それほど珍しくないと思いますが私は初めて見ました。随分粘って、やっとヒレ全開。
     背びれまで模様があって綺麗ですね~。
161120_オトメハゼ14s
    ↑ 例によって大撮り
 

<マンタ三昧>石垣島マンタシティ

石垣島の記事が続きます。
ダイビング1日目は行けなかったマンタポイントですが、2日目と3日目は風も止んで行くことができました。その前数日は行けなかった様なので運が良いです。
2日目のポイントは「マンタスクランブル」、3日目は「マンタシティ」でした。
私は石垣のマンタポイントは初めてで、以前から一度行ってみたいと思っていました。
が、あまりに有名な「マンタスクランブル」はダイバーが多すぎ。マンタを撮ってもダイバーの泡が入ってしまうし、マンタの出方もマチマチなので移動に泳ぎ回ったりでこの日は証拠写真程度しか撮れずあまり良い印象が有りません。
3日目のマンタシティは一度に入る船の数を5艇に制限しているのと、マンタまでの距離が近く、最高に楽しめました。
石垣のマンタは根の上を来るので状況次第で背景が入れられるのが良いですね。
他の場所では大抵背景は水だけになるのでどこで撮ったか分かりません!
今回は待った場所も良く、至近距離で撮る事ができ、久しぶりにマンタを満喫しました。  
161106_マンタシティ13s
                 ↑ いきなり頭上通過
161106_マンタシティ29s
                ↑ こちらは2枚連続
161106_マンタシティ31s
   
161106_マンタシティ44s
             ↑ ここのマンタは数も多く、追いかけっこをしている様で、
              見ていて飽きません!
161106_マンタシティ61s
             ↑ この日は一度に5枚。満足しました!

<カンムリワシ>in 石垣島

石垣島の続きです。
今回の目的は完全にダイビングでしたが、一応望遠レンズも持参しました。
あまり鳥撮りの時間は取れませんでしたが、到着日と最終日に少し時間を取れたので、早速、島内を探します。
時期的には飛びものもを狙おうと走りましたが見当たらず、時間が無いのでいつものポイントへ。
久しぶりなので居るか心配でしたが、ポイント到着後少し探すと、お約束通り居てくれました!感謝感謝。
なんとなく見たことのある顔です。カンムリワシの顔などどれも一緒に見えますが、なんとなくです。
取り敢えず押さえを撮り、もう少し近づこうとした時、反対側からバイクのおっさん登場。
敢え無く飛ばれてしまいました・・・。
その後もう少し探すと、今度は若を発見。なかなか遭遇確率が高いです。
ちょっと現像が追いつかないので若は次回と言う事で、取り急ぎ最初のカンムリワシを。
何れも手持ちなので微ブレが・・・。特にD500の方は高倍率となるので厳しかった~。
同じ大きさに撮ってもD3sの方が歩留まりが良い様に思います。(腕のせい)
(前回と代わり映えのしない止まりものですが)
D50_7991s
                ↑ D500+タムロン150-600mm
D50_8205s
               ↑ D500+タムロン150-600mm
D3S_1989s
                ↑ D3s+タムロン150-600mm
D3S_1951s
              ↑ D3s+タムロン150-600mm
D50_8069s
    ↑ 田園に行くと、1羽が降りていました。
       頻りに鳴いており、もう一羽が何処かで呼応していました。求愛には少し早いと思いますが。
       少し待ちましたが飛翔は見られず・・・。
D50_8162s
             ↑ 最初に見た個体とは顔が違うな~。

 

1000 Dive達成記念 in 石垣島

ダイビングを始めて25年、遂に1000本を達成しました(11/4)。
その記念を兼ねて11月3~7日は石垣島へ遠征して来ました。

振り返れば、腰痛や仕事で全く潜りに行けなかった年が3回程有ったし、生活環境の変化と共に年々ダイビング数は減って来ましたが、それでもずっと続けて来られたのは、いつも仲間が居たからでした。
今振り返っても、どのダイビングも楽しい記憶ばかりで、皆と過ごした時間は本当に貴重なものです。
お仲間の皆さん、本当にいつもありがとうございます!
そして今後も続けられる限りは潜りたいと思いますので引き続き宜しくお願いします!

1000本目を迎えるにあたり、「生まれ育った海洋公園で」とも考えましたが、以前出張の時に潜った石垣が気に入ってしまい、また最近遠出していなかったので石垣へ行くことにしました。
石垣と言えば、カンムリワシも期待できるし・・・。(笑)

と言う事で、先ずはダイビング初日(11/4)の画像から。
この日はまだ北東の風が強く、マンタポイントへは行けませんでした。
なので冬場ポイントでマクロ三昧です。
カメラはD300+60mmマクロ、S2000×2
D30_9506
           ↑ ハマクマノミ イソギンチャクが素晴らしく綺麗だった~。
D30_9479
                ↑ ニセアカホシカクれエビ
D30_9519
           ↑ 1枚目と同じイソギンチャクにいたハマクマノミのチビ
D30_9579
          ↑ これもニセアカホシカクレエビ 石垣のエビは居場所も綺麗。
D30_9669
           ↑ 変わったイソギンチャクにいたイソギンチャクカクレエビ
D30_9687
                   ↑ ベニハゼ
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ