明日から仕事も新年度です。また忙しくなりそうなので、今日はその前にのんびりと海に。
で、またも大瀬崎に行きました。最近、冬場ご一緒出来るダイバー友達が実家に帰ったり多忙やらで全然居ないのでIOPには行けず、必然的に大瀬崎となります。
相変わらず濁りが酷く暗い水中で、何となくやる気が出ません。水温が低くても透明度が良ければ色々と探す気になるのですが ・・・。
前回潜った後、D810のハウジングに色々と細工したのでその調子の確認とマクロの練習です。
新しいレンズも概ね感覚が掴めてきました。ストロボはどうもオーバー気味で私の場合ー0.7で丁度良い様です。 肝心の水中ですが、お目当てのエビは今日も見つからず、また第二の目的のナガハナダイも今日は見られませんでした。(いつもは群れているのに・・・トホホ)
よって、極々、普通種のみ!(D810+VR105mmマクロ)
170402_ササハゼ09s
    ↑ 湾内でエビが見つからず、帰りがけにササハゼ。
     サービス良く、ヒレ全開。一見地味ですが結構綺麗なハゼです。
170402_ササハゼ04s
    ↑ ヒレ全開でホバリングしてくれました。ややピン甘ですが。
170402_スミゾメミノウミウシ産卵03s
    ↑ 安全停止中の浅場でスミゾメミノウミウシの産卵。5個体います。
170402_キンギョハナダイ♂01s
    ↑ 2本目は岬先端。キンギョハナダイ♂ こちらはヒレ全開サービスなし。
     湾内より濁っていました。動きものもAFが速く快適です。
     ナガハナダイを求めてちょっと深場へ行きましたが、暗いだけで姿なし。
     代わりにこのキンギョハナダイで茶を濁す。
     普段群れているものが居ないと拍子抜けです。        
170402_シマウミスズメ03s
    ↑ シマウミスズメ 存在は地味ですが、模様は綺麗です。
     それにしてもこの水の色。早期回復を願うばかりです。 
     寒くて暗い大瀬を抜け出して、暖かくて明るい南国へ行きたいものです・・・。