今日はちょっと動くと暑いくらいの良い天気でした。ので、例によって大瀬崎に潜りに。
水は相変わらず濁っていますが、3月と比べると水温が1°C上がったので多少は活動し易くなりました。で、先日からD810に60mmマクロを使うことを考えていました。
105mmより寄れる上に被写界深度が多少稼げ、そして解像度が良いことが理由です。
エビのように、あまり逃げない小さな生き物には最適だと思います。
今日使ってみて、あまりの快適さに、今後はこれがメインマクロとなりそうです。

また、Nexusのハウジングには、直径の異なるレンズポートも使用可能なアダプターが用意されており、D300で使用していた60mmマクロ用(小径)ポートも使う事が出来ました。
こう言った既存の資産を活かせる配慮には心底感謝です。こんな時こそ、「Nexusを使っていて良かった!」と感じるところです。
それに比べ、ある水中機材メーカーでは、開発と発売こそ早いものの、型が変わる度に規格も変わり、買い足し出来ず、一式買い換えないと継続出来ない・・・。こんな高いものがそれじゃあね~。

本題に戻り、今日は、そこそこ面白いものに出会えたので1本目の湾内編です。
水温15℃、透明度:7m程度。(D810+60mmマクロ+S2000x2灯)大量に貼ります!
170416D81_D81ミズヒキガニ02s
   ↑ミズヒキガニ 今日はいたる所で見かけました。
170416D81_D81ミズヒキガニ04s
   
170416D81_D81ミズヒキガニ06s
   ↑もうちょっと寄って。
170416D81_D81ミズヒキガニ08s
   ↑大撮り風に
170416D81_ワレカラ01s
   ↑ワレカラ 久しぶりに撮りました。ずっと虫だと思っていたのですが、端脚目と言って
    甲殻類の仲間なんですね。体調は1~2cm程度で、今が産卵期のため海藻類にびっしり
    付いています。
170416D81_ワレカラ03s
   ↑これは白っぽいですが、赤、白/赤斑点、その他、色のバリエーションが多数あります。
    もう少し真面目にバリエーションを探せば良かったなぁ・・・(笑)
170416D81_ワレカラ05s
   ↑ 海外では28cmのものも発見された事があるとか。。
    この鉤爪と格好で28cmはあまり会いたくないですね~。
170416D81_ワレカラ07s
   ↑ 腹筋運動のような動きをしていました。見ていると結構笑えます。
    顔にピンが来ていませんが、腹部?に卵?の様なものが見えます。
170416D81_D81イカベビー04s
   ↑ イカのベビー。体長1.5cm程度。ちゃんと模様があり、結構綺麗です。
     ん?何か捕まえた様です。
170416D81_D81イカベビー07s
   ↑ 前側へ回ると、エビを掴んでいます。もう狩りができるとは!立派!
170416D81_D81イカベビー10s
   ↑ 時期的には、ヤリイカのベビーの様な気がしますが?足の吸盤もちゃんとありますね!
170416D81_D81イカベビー25s
   ↑ 食後の休憩。この手つき、何となくこちらを威嚇しているようです。(笑)