4/16大瀬崎の続きです。
2本目は外海の門下を潜りました。南西風で多少波が有りましたが何とか行ける程度。
そのせいか、他のダイバーの姿が有りませんでした。
このところ湾内と岬先端ばかりだったので久しぶりの外海です。
・・・ところが透明度は湾内より悪く5m程度。ちょっとがっかりでした。この時期は仕方ないか。
で、-26m付近でイイジマフクロウニが居ました。何となく臭うので良く見ると、カニが2匹付いています。1匹はアケウス、もう1匹はゼブラガニ!2匹とも時々見るカニですが、イイジマフクロウニに付いているのは珍しい。過去に見たゼブラガニは殆どがラッパウニについていて、アケウスはトサカやウチワに付いているものばかりでした。
何となく、西伊豆ではイイジマフクロウニにゼブラガニが付いている確率が高い様な気がします。
そんな訳でテンションが上がり、撮影に熱中していたら、減圧停止5分!・・・ちょいと、やり過ぎた。
(D810+60mmマクロ+S2000x2) 
170416D81_D81アケウス05s
    ↑ アケウス on イイジマフクロウニ 珍しい組み合わせだと思います。
     ヤラセではありません!
170416D81_D81アケウス11s
    ↑ 正面 ちょっと解りにくいですが。 ウニの上を結構早く歩きます。
170416D81_D81ゼブラガニ19s
    ↑ 続いてゼブラガニ アケウスは左上に移動しました。
      この様にカニの通り道がハッキリしている場合は、大抵カニが付いてますね。
170416D81_D81ゼブラガニ31s
    ↑ ゼブラガニは小さいのでイイジマフクロウニの場合、通り道から外れると
      かなり歩きにくそうでした。
170416D81_D81クツワハゼ03s
    ↑ おまけ 減圧停止中に撮ったクツワハゼ。この貝がお気に入りの様です。