D81_7407s

 先週の木曜日(5/11)~今日(5/14)まで、長崎に出張していました。
仕事自体は土曜日の午前中で終わったので、正確には出張は昨日までです。
仕事が終わってホテルへ戻り、荷物を整理していると、スーツケースの中から一眼レフが出てきました!ご丁寧に三脚まで。。。ん?こんなに重たくて仕事に不要な物が何故入っているのかは大変疑問??ですが、せっかく出て来たので使うことにしました。
 土曜日は関東では大雨だったようですが長崎では金曜日が大雨で土曜日は良く晴れました。
・・・それなら玄界灘に沈む夕日も期待できる。ならば、「棚田に行こう!」。
という事で、以前から行きたかった佐賀県の土谷棚田に行くことにしました。
・・・って、、、かなり計画的犯行の匂い。
急遽レンタカーを手配し、航空券を14日に変更し、ホテルも延泊を手配。こういう仕事は実に速いです。土曜日の昼12時半には長崎を出発し、一路福島へ片道100kmの道のりです。
棚田に突いたのが14時半なので、丁度2時間でした。
場所が分かるか心配だったのですが、非常に有名なスポットなので駐車場やトイレもあり、長居にも快適です。早速辺りを歩いて良さそうなアングルを探します。が、暑い・・・。
この日の日没は19:10なので、まだ4時間半くらいあります。
(D810+24-70mmF3.5~4.5ズーム+コンパクト三脚)
D81_6986s
   ↑ 到着直後の様子。既に田植えの直後と言った感じでしたが水は十分。
D81_7012s
   ↑ これは隣の棚田。こちらも綺麗な棚田です。
     周囲では鳥の鳴き声が多く本当に良い所でした。棚田を駆け上がる風も心地よく、
     時間待ちものんびり寛ぐことが出来ました。
     鳥撮り用レンズも欲しいところですが、散漫になるので今日は棚田に集中です(笑)。
D81_7027s
   ↑ 棚田独特の曲線が美しい。この後は暫し昼寝などで休憩。至福です。
D81_7051s
          ↑ 17時頃。棚田が光り始めています。まだ日は高いですが
           そろそろ始まりの様です。
D81_7079s

D81_7113s
   ↑ 日が高い内は銀色に輝きます。
     刻一刻と反射の場所が変わるので、ここからは気が抜けません。
D81_7157s
    ↑ 本当に曲線的で綺麗な棚田です。周囲が少し黄色っぽくなってきました。
D81_7169s
   ↑ 日が傾き始め、黄金色を帯びた棚田
D81_7229s
          ↑ 夕日も良いですが、黄金色の反射も好きです。
D81_7247s
   ↑ この日、西の低い位置に薄い雲がありました。これがどう影響するか、楽しみであり、
     緊張でもあります。
D81_7292s
    ↑ 薄雲全体が黄金色に染まり、海も棚田もその色に包まれます。(18:55)
      露出のみで色の調整はしていません。
      全体が黄金色に染まり、目を見張るように美しい光景でした。
D81_7376s
    ↑ 日没後は徐々に赤みを増し、ピンク色に変化します。19時半頃
      今日の薄雲のお陰で、今度は空全体がピンク色となり、それが棚田に反射します。
      無理をして来て良かった!と思える時間でした。 
      ページ最初の写真はこの時のアップで、「ビビッド」で現像したもの。