先週の山中湖の続きです。
本当はもっと早くUPして、この週末も山中湖に出かけようと思っていたのですが、先週は出張やら飲み会が多くてUP出来ず。おまけにその煽りを受けて今日はこれから仕事!です。
で、先週は昼食後もヒレンジャクを!と考えていたのですが午後からはさっぱり出なくなりました。
なので山中湖を適当に回っていると、コブハクチョウが2羽、氷の上をヨチヨチと歩いてきます。
少し見ていると、時々氷の隙間に足を踏み外し、ドボッと片足がハマったりして、必死に氷から這い上がり、それでも何か目的があるのか一生懸命歩いて来ます。
その様子がおかしくて、つい撮ってしまいました。
飛べば一瞬なのに、どうして歩いて来るのでしょう??
あの巨体だと飛ぶのも体力を消耗するのか、氷や陸の上では着地しにくいのか・・・???
180224-D50_コブハクチョウ(500mmF4x14)002s
    ↑2羽が並んで陸に向かって歩いてきます。
180224-D50_コブハクチョウ(500mmF4x14)014s
    ↑ 時々ドボッと氷の隙間にハマって
180224-D50_コブハクチョウ(500mmF4x14)017s
    ↑ 何とか這い上がって・・・。 やっぱり氷水には浸かりたくないのかな??
180224-D50_コブハクチョウ(500mmF4x14)020s
    ↑ また氷の隙間を気にしながら歩いて来ます。この足じゃ歩きにくそうだけど・・・。
180224-D50_コブハクチョウ(500mmF4x14)054s
    ↑ 本人は真剣そのもの。慎重に、慎重に。