毎日信じられない暑さが続きますね、こうなると逃げ場は水中か山の上。
そこで昨日(8/12)は涼を求めて雷鳥の親子に会いに行って来ました。
今回は328+D7100を担ぎ約3時間半かけて登りましたが山の上は天然のクーラー、かなり快適でした。
上りの道中、ホシガラスが登山道の真上で営巣しており、頻繁に降りてきて大サービスを受けました。幸先良いぞ!?ホシガラスも私には貴重なのですが今回の主役は雷鳥なのでこれは後日貼ります。
そして今回のメイン、雷鳥が登場。今回は5羽の雛が一緒です。
初めはかなり遠くに現れたのですが、少し待つとどんどん近づいて来ます。雛はかなり大きくなっており、親鳥の2/3程度ありました。雛達は自由に歩き回るので親鳥も大変ですが、あの優しい声で雛達を上手く誘導している光景は何度見ても気が安らぎます。
やがて至近距離を通り越し、登山道にまで入ってきます。いや~こうなるとこちらが後退してAF最短距離を稼ぐ始末、嬉しい悲鳴となりました。
130812_雷鳥164_01

130812_雷鳥078_01
       ↑ 雛がバラバラに動き回るので全ての雛を一緒に収めることは出来ませんでした。
130812_雷鳥173_01
                    ↑ 元気一杯に歩き回る雛は本当に可愛い。
130812_雷鳥177_01
           ↑ こちらを全く恐れず目の前まで来てくれる彼らには本当に癒されます。
130812_雷鳥189_01