Dive and Photo

鳥、戦闘機、水中の写真をメインに、気に入った写真が撮れたらUPしたいと思います。

キビタキ

<オオルリ&キビタキ>地元編2

 今日は雨予報でしたが起きた頃にはすっかり上がって明るい曇りでした。風は強いので海には行かず、今日も近所のオオルリ狙いで出かけました。昨日より少し早く、正午に撮影開始。
鳥までの距離が遠いのでカメラはD500にしました。光も上から差すので昨日よりは条件が良いと思います。おまけにキビタキもサービスしてくれ、一石二鳥。
D500+500mmx1.4倍だと私の場合、シャッターブレがかなり目立ちます。冬のルリビタキで色々とご指導頂いたお陰でスローシャッターには慣れてきましたが、このシャッターブレだけはどうしたものか・・・。(まだまだ修行が足りません)
ニコンの本格的なミラーレスが今年度中とも噂されていますね~。ファインダーの感じはまだ分かりませんが、連写速度とミラーショックが無くなる事が非常に楽しみです。D850並の機種でミラーレスなら「買い」かな??(機材はD500+500mmF4x1.4)
180503-D50_オオルリ♂(500F4x14)08s
    ↑ 昨日と同じ場所なので絵柄もほぼ同じですが。(ISO2500 1/60 F8)
     ノイズ処理無しですが、D500の方がノイズは圧倒的に少ないですね。
180503-D50_オオルリ♂(500F4x14)23s
           ↑ 今日も左向きばかり(ISO1250 1/50 F8)
180503-D50_オオルリ♂(500F4x14)30s
    ↑ 手前に細かい枝が被りました。(ISO1250 1/60 F8)
180503-D50_キビタキ(500F4x14)06s
    ↑ そしてキビタキも登場。なにも真上に来なくても・・・。
      水浴びして来たのかな?胸がまだ濡れています。(ISO1250 1/125 F8)
180503-D50_キビタキ(500F4x14)23s
    ↑ 遠いですが、良い場所に移動してくれました。(ISO1250 1/50 F8)
180503-D50_キビタキ(500F4x14)34s
    ↑ 背中も綺麗なのですが、肩の白が難しい!(ISO1250 1/50 F8)

<オオルリ&キビタキ>プチ遠征

 ゴールデンウイーク3日目になりますが、最初の2日間は庭の草むしり等で終わりました。
日差しの強い中、それだけで日焼けです。で、ようやく3日目に鳥撮りに出かけました。
と言いつつ、初日の昼間に近所の山に少しだけオオルリを狙いに行ったのですが全く鳴き声が聞こえませんでした。現地でお会いした方によると1週間前にはよく鳴いていたとの事。
今年は暖かくなるのが早かったので例年と時期がずれているのでしょうか。
という事もあり、近所には期待できないので山梨県まで行ってしまいました。(行き過ぎか・・・)
オオルリとキビタキならもう少し近場で見られるのに・・・・。折角だからと、他も期待したのですがコルリとかクロちゃんには会えませんでした。
オオルリもキビタキも今年初撮りなので良しとしましょう。
しかし現地に着くと皆さん後退していて鳥との距離も遠く、枝止まりも撮れず、水場のみ。
ちょっとモヤモヤです。(D500+500mmF4x1.4)
180430-D50_オオルリ♂015s
    ↑何度か出てきてくれましたが何れも水場のみ。枝に止まってくれると良かったのですが。
D50_0925s

180430-D50_キビタキ♂035s
    ↑キビタキは良い子でした。水場から近づいて来てポーズをとってくれます。
180430-D50_キビタキ♂036s

<キビタキ>先週の続編

先週はキビタキが大サービスだったのでもう少し貼りたいと思います。(同じ様な絵ばかりですが。)
その日、現場の皆さんの本命であったオオルリですが、メスは一度出てきてくれました。
オスは崖の上の遠くに止まったのをこっそり撮ったのみで、正面には出て来ませんでした。
私が帰った後は出た。かも?まあ、私にとってはキビタキを近くで撮れた方が嬉しいので十分楽しめました。

D500に慣れず、少々手こずりながら、また写真の出来はともかく、薄暗い場所でもピンが来易いのでD7200よりは大きく歩留まりが向上しました。
ただ色の出具合いなのか、現像の仕方が悪いのか、単に撮り方が悪いのか・・・、まだしっくり来ない部分もあります。
しかし、私の師匠は難しい被写体でもバッチリ質感を出されているので、そこが「腕の差」ということです(汗)。今日も極フツーのキビタキ他を貼ります。(D500+ゴーヨン)
160514_キビタキ107s

160514_キビタキ088s

160514_キビタキ061s
                ↑ まあ、よく囀ってくれました。
160514_オオルリ♀05s
           ↑ オオルリの♀でしょうか?キビタキ♀と未だに区別が・・・。
160514_オオルリ01s
                 ↑ 遠くで休憩中をこっそりと。
160514_キビタキ♀01s
                ↑ キビタキ♀

 

<キビタキ>今季初

今日はちょっと西で私の大好きなキビタキを今季初撮りして来ました。
朝はオオルリも出たとのことですが、私が到着したときは既に小休止に入ってしまったようです。
その後キビタキは非常にサービスが良く、至近距離に止まってくれます。
あまりに近すぎて撮れない事も・・・。
せっかくのサービスですが枝かぶりで撮れない事も多々あり、あまり歩留まりは良くありません。

また、D500+ゴーヨンの組み合わせでの鳥撮りは2度目。
前回はGWに近所でオオルリを撮ったものの、薄暗かったので歩留まり悪く貼れたものではありませんでした。今回も含め、ピントに関してもまだ煮詰められていないので今一つ・・・・。
皆さん新機種を手にされると同時に素晴らしい作品を撮られるのに対し、私は不慣れと修行不足により結果が着いて来ません!明日は腰を据えて弄ってみようかどうしようか・・・。
D50_2328s
    ↑ 今シーズン初見でテンションが上がります!(周りの皆さんはオオルリ狙いでしたが)
D50_2432s
            ↑ サービスが良すぎて近くの 真上に。
D50_2437s
          ↑ これが最も近かった、最短撮影距離ギリギリ。(トリミング)
D50_2441s
            ↑ 上の写真のノートリ版
D50_2442s

D50_2503s
            ↑ あまり警戒心がないので暫く遊んでもらえそうです。
 

<キビタキ>西の水場ー続編

先週末の西の水場プチ遠征続きです。
朝、現地に到着した頃は撮影地があまりに薄暗いので撮影困難かと思いましたが、鳥を待つ内に日も差し始め、キビタキが降りて来た頃には撮りやすくなりホッとしました。
平凡ですが私は冬のルリビタキと夏のキビタキが最も好きな野鳥と言えます。
撮影機材はオオルリと同じ64×1.4+D7200。
150517_キビタキ05-2s
       ↑ 一度だけ、お立ち台に止まってくれた時の1枚。 ISO1600 1/320 F5.6
         やはりこのくらいのSSが使えるとかなり撮り易く助かります。
150517_キビタキ07s
                ↑ お立ち台ではありませんが至近距離に来た時のもの。
                   ISO1600 1/500 F5.6 大撮りに挑戦!
150517_キビタキ10s
      ↑ 普通に水場にて  ISO800 1/125 F5.6 64+D7200
150517_キビタキ32_1s
      ↑ ISO800 1/400 F5.6  64+D7200
150517_キビタキ48s
                ↑ 水場の手前  ISO800 1/320 F5.6 64+D7200
記事検索
プロフィール

YamaTheKin

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ