Dive and Photo

鳥、戦闘機、水中の写真をメインに、気に入った写真が撮れたらUPしたいと思います。

オオワシ・オジロワシ

<オオワシ&オジロワシ>道東遠征-06  飛びつきなど

この土日とも暖かで気持ちの良い週末でした。昨日、本日とも近所の公園へ行きましたが野鳥の出は悪く、殆ど成果はありませんでした。それでも久しぶりにお仲間の方々とお話をして楽しい時間を持つことが出来ました。
という訳で新しいネタは特に無いので相変わらずオオワシ&オジロワシです。
飛びつき(着氷)とアップを少々。
130222_流氷クルーズ1-1066_01
             ↑ オオワシの着氷 この時は珍しく静かに着氷
130222_流氷クルーズ2-058_01
        ↑ オジロワシの着氷 見ているとオジロワシの方が着氷が上手い気がします。
130222_流氷クルーズ2-129_01

130222_流氷クルーズ1-0761_01
              ↑ やはり顔つきはどう見てもオジロ鷲の方が精悍ですね
130222_流氷クルーズ1-0557_01
           ↑ ひょうきんなイメージのオオワシも棲まし顔は結構いけます。

<オオワシ&オジロワシ>道東遠征-05 飛翔 2

オオワシとオジロワシがまだ続きます。流氷クルーズではかなりワシに近付く事ができるので、やりたかった事の一つが、画面一杯に撮ることでした。近所の撮影では鳶以外にまず出来ない事なので。
そこに流氷が入れば・・・等と考えており、都合よくその様な位置で距離も程良い飛翔シーンを探していました。あれだけ多く飛んでいれば撮れて当たり前ですが、ノートリ又は少しのトリミングで済むところが 嬉しいですね。
DSC_6408_01
                     ↑ 微かに見える背景は知床半島
DSC_6869_01

DSC_7652_01

DSC_8964_01

DSC_7946_01
         ↑ フレームアウト これだけ近いとピントが厳しいですが、偶然合いました。
DSC_8249_01
                 ↑ これは大トリミング
DSC_8482_01
 Nikonカタログ ロクヨンのサンプル写真を意識(笑)
DSC_6720_01
 
DSC_7974_01
             ↑ オジロワシの若 嘴は根元から先端に向かい黄色に変わります。
DSC_8441_01
           ↑ オオワシの若 翼がまだ黒く、遠目ではオジロワシの若と似ていますね。 

<オオワシ&オジロワシ>道東遠征-04 止まりもの

 オオワシとオジロワシがしばらく続くと思います。今日は一般的な止まりものですが、止まりものは周りの風景にも気を使わなければなりませんが、いざ流氷上の鷲を間近で見るとそれだけで興奮してしまい、なかなか背景まで気が回りません。同行された師匠の板を拝見すると、見事に背景が整理されており、表現したいと思われる事が解ります。それが表現力というものなのだと痛感しました。
非常に難題ですが表現力の有る方と同じ条件で撮影出来た事で、また一つ奥の深さに気づきました。
DSC_6047-L_01

DSC_8041-L_01

DSC_6076-L_01

DSC_9380-L_01

DSC_8354-L_01

DSC_8371-L_01
 

<オオワシ&オジロワシ>道東遠征-03 飛翔

遊びの前後に仕事が忙しいのは恒例の様で、今回も例に漏れず帰宅の遅い日が続いています。いつもならじっくり現像を行うのですが今回は時間がなく量が多いので殆ど機械任せです。
今回の旅で一番見たかったのは鷲の飛翔。普段豆粒のような猛禽類を必死で撮るのに比べ、ここでは時に数m先を横切るので乗船中、脳にはアドレナリンが出続けます。
1回目は300mm手持ち、2,3回目は600mmを使用。それぞれ違った絵が撮れ、どちらも捨てがたいですね。
今回は初めと言うこともあり、レンズの特徴を出した絵にはなっていません。普段は難しくても、ここなら特徴を出しやすいと思います。これも次回の課題としておきます。
DSC_5588_01
                       ↑ 300mm×1.4 ノートリ
DSC_5722_01
         ↑ 300mm×1.4 少しトリミング・・・トリミングするとレンズの差が出ませんね。
DSC_6866_01
                        ↑ 600mm  ほぼノートリ
DSC_7670_01
                       ↑ 600mm ノートリ
DSC_7916_01
                       ↑ 600mm 少しトリミング 
DSC_8568_01
                       ↑ 600mm ノートリ
DSC_9216_01
                        ↑ 600mm トリミング
DSC_9354_01
                      ↑ 600mm ノートリ
結局のところ、私は600mmで撮ったものが多いのですが、次は300mmの良さを活かした絵も撮りたいと思います。 

<夜明けの流氷>道東遠征-02

室蘭の出張から戻りました。
業務が終わると週末、当然その週末は再度道東へ向かいました。・・・・が、
何と死者8名を出した暴風雪!何とか日曜日の深夜帰宅しましたが、危うく戻れなくなるところで、とても鳥撮りなどと言っていられる状況ではありませんでした・・・・トホホ。
遠征に同行されたお二人に抜けがけしようとした罰でしょうか!?(笑)出張後も仕事が多忙で写真の整理が追いつきません。

さて道東遠征の2日目は日の出の流氷クルーズで始まりました。
クルーズ船は早朝5時出港、辺りはまだ真っ暗です。沖の流氷まで遠くはありませんが、この時の寒さは顔が痛くなるほど。それでも流氷が近づくと期待で寒さを忘れてしまうのが不思議です。
天気は良いのですが、太陽の昇る位置には雲があり、「水平線から昇る朝日をバックにオオワシ!」とはいきませんでした。太陽が出ると、それまで音の無かった所が急に賑やかになる感覚を覚えました。
DSC_5160_01
       

DSC_5404_01

DSC_5409_01

DSC_5502_01

DSC_5476_01

記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ